ゆとりですがなにか5話感想&6話あらすじ!ぱるるが不倫?


毎回とても楽しみながら観覧いているドラマ『ゆとりですがなにか』ですが、もうすでに5話が終了してしまいましたので折り返しの残すところ4・5話といったところでしょうか。

どんな展開になるかも気になるところですが、毎回毎回のストーリーが非常に面白いのでとにかく1話1話を集中してみている感じのドラマです(笑)

今回は、ぱるる事島崎遥香さん演じる坂間ゆとりさんのアルバイトと道上まりぶ(柳楽優弥)の関係や坂間正和(岡田将生)と宮下茜(安藤サクラ)の関係などそれぞれの注目するポイントが色々あってストーリー展開も店舗が良かったですね。

この記事では、

 

・第5話の感想

・坂間ゆとり(ぱるる)が不倫!?

・第6話あらすじ

 

の3本立てでご紹介していきます。

 

Sponsored Link
<

ゆとりですがなにか第5話感想

ゆとりですがなにか 感想

第4話のラストで、坂間正和(岡田将生)は妹のゆとり(島崎遥香)のアルバイト先が道上まりぶ(柳楽優弥)のお店だと知りいてもたってもいたれない状況!というところで終わりました。

第5話ではもちろんそこかスタートするわけですが、ゆとりは社会経験の為にまりぶのお店で働いているわけです。お金ほしさや興味があるからではなく社会に出て仕事をする事を学ぶ為にガールズバーで働いているという事です。

まりぶのお店だし、社会経験の為という事なら正和も渋々納得といった感じ。ただ、この後にとんでもない結果が待ち受ける事に・・・

どんな結果なのかは後ほど。

 

そして、正和と茜の関係性の雲行きが非常に怪しい状態になっています。

というのも、正和が茜に別れを告げたのです。

この発端は、山路一豊(松坂桃李)と茜が一緒にボルダリングで楽しんだり二人で食事に行く様子を見て嫉妬をした事で関係がぎくしゃくし始め、正和自身がこんな感じだったら別れた方がいいねという考えになったのでしょう。

別れを告げられた茜も分かったと一言だけ告げ、正和のもとを去っていったのですが、お店(鳥の民)では正和と茜が一緒に働いています。しかも普通に。なんか微妙な感じですが、第6話では二人の関係がどのようになるのか?この辺りも見ものでしょう。

 

あと、魔性の女佐倉悦子(吉岡里帆)が突然一豊の小学校にやってきました。

仕事が終わったあと、一豊と二人で食事に行った悦子ですが相変わらず掴めない女だなぁと感じる発言の数々。最終的に一豊は悦子に対してキレてましたからね(笑)

まぁ当然でしょう。この手の女に関わってもいい事ありませんからね(笑)

それと一豊は、転校生の母親にも言い寄られてましたね~(笑)禁断の恋始まるか~?

そんなこんなで、個々の様々なストーリー展開が非常に楽しめる内容になっていますので、第6話も期待できそうです!

 

関連記事:ゆとりですがなにか4話感想&5話あらすじ!松坂桃李がピンチ?

 

Sponsored Link
<

ぱるるが不倫関係に!?

ゆとりですがなにか ぱるる

まりぶのお店で働いているゆとりの目的は、社会経験の為が大きな目的なのですがそれとは別にもう一つ目的がありました。

それは、まりぶの事が気になっているから、というか好きだから近くにいたいというわけです。

そして実際にゆとりはまりぶの女になったのです・・・

まりぶの女になったので、お店は辞めました。というよりまりぶがお店を辞めさせたというカタチです。

 

でもどうやらゆとりは、まりぶが結婚して子供がいる事は知らない様子。まりぶがその事を伝えていませんからね~。悪い男だ。

だからこれは結果的に完全なる不倫という事になるわけです。

レンタルおじさんの麻生厳(吉田鋼太郎)からその事実を聞かされた正和は、逆上!妹思いの正和だから当然そうなりますよね~。てか、このレンタルおじさんの役柄非常に素晴らしい!さすが吉田鋼太郎さん。

そして正和と厳はまりぶの家へ押し込む事に・・・

まぁ、ゆとりの恋は意図的な不倫ではなく、何も知らなかった結果の不倫ですので可愛そうなところもありますよね。まりぶの新事実を知ったらすぐに別れる事でしょうね(笑)

 

ゆとりですがなにか第6話あらすじ

第6話の見どころはやっぱり、ぱるる事ゆとりの恋の結末と正和と茜のその後、そして正和の仕事ではないでしょうか?

兄弟そろって恋に生きてる感じは非常に青春を感じさせますね~(笑)

まりぶは大学受験を頑張っていると言ってますが、見た感じもやってる事も非常にチャラいので、そうだろうなとそんな感じの男だろうなとやけに納得してしまいましたね(笑)まぁ、男気がありそうな感じは認めますけどね。

でも、一豊の恋の行方も気になりますよね~。一豊は奥手だから見てて歯がゆいですもん(笑)

第6話も間違いなく面白いでしょ!

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ