ゆとりですがなにか2話感想&3話ネタバレ!ロケ地はどこ?


現在絶賛放送中のテレビドラマ『ゆとりですがなにか』は毎週日曜日の22:30~放送されている番組です。

このドラマは私個人的にかなり好きなドラマでして、現在の日本社会をリアルに再現しているのではないかと思っています。まぁ一部大げさに表現しているところはあるかもしれませんが、ゆとり・パワハラ・ブラック企業・恋愛・人間関係等、現代社会に生きる若者が直面するテーマが盛りだくさんのドラマですので、若い人はもちろんの事幅広い世代に見てほしいドラマですね。

今回の2話もかなり感情のぶつかり合いがあり、大企業怖いなぁ~なんて思ってしまいました(笑)

では、2話の感想や3話のネタバレ等、私視点でお伝えさせていただきたいと思います!

 

Sponsored Link
<

ゆとりですがなにか第2話感想

ゆとりですがなにか 感想

2話の感想ですが、一言でいうと『ブラック企業で働くって大変だなぁ』という事ですかね。

坂間正和(岡田将生)が1話にて後輩の山岸ひろむ(太賀)に仕事上の注意をした事が原因で山岸は会社を辞めるとLINEで報告。このLINEで退職を報告する事事態がかなりイラッとするところですね(笑)

この一件が社内で問題となり会社側は坂間に一連の流れを聞くわけですが、結果的に坂間のパワハラというカタチで自宅謹慎処分を告げられるわけです。意味分からんでしょ?

お客さんに多大な迷惑をかけた社員を注意しただけでパワハラとして扱われ自宅謹慎処分って、どんだけブラック企業なんだよって思うわけですがこれが現状なのかもしれませんね~。大企業の。

まぁ全ての大企業がという話ではありません。中小企業もブラックのところはあるでしょうしもっとひどい企業だってあると思います。そういう会社というものは社員を駒としか思ってないのでしょうね~。嫌だ嫌だ。

 

話は戻りまして、会社側が坂間に言った言葉もかなり衝撃的なものです。

それは、『一応カタチとして謹慎という事にしてくれ』というもの。

要するに会社としては、何らかの処分を下しましたよ~というカタチがほしいわけです。これっとどうなの?って思いますよね。

私だったらこちらから願い下げで即辞めますよね(笑)

まぁそんなこんなで謹慎処分になったわけですが、なんと山岸が坂間と会社を訴えたわけです。弁護士雇って。

なんちゅう若造だと思いません?どんだけ自分が可愛いのでしょうね~この山岸って男は。

2話の終盤では、山岸と弁護士そして労働監督署の人間らしき人物が会社に来て話合いを始めるわけですけど、開口一言が『坂間お前謝れよ!土下座して謝れ!』ですよ?

はぁ!?でしょ?

そして山岸はスマホ取り出し、謝る様子を撮ろうとするわけです『ネットに上げるぞ~』とか言いながらニタニタした表情で。

 

ここで2話が終了し3話へ続きますので3話も非常に楽しみですが、山岸はまさに教育がなってない人間の象徴とも言える超ダサい男なわけですね。まぁこんな男はいい人生を歩く事はできないでしょう。

そしてもう一つびっくりする事が発覚!

それは、道上まりぶ(柳楽優弥)に妻と子供がいたって事。そして現在11浪中で麻生厳(吉田鋼太郎)の息子だったって事。この麻生というのは1話に登場したレンタルです(笑)

いやぁ~、3話も楽しみで仕方がありませんね!

 

Sponsored Link
<

ゆとりですがなにかのロケ地とは?

ゆとりですがなにか ロケ地

このドラマは様々なところで撮影を行っているようですが、基本都内で撮影をしているようですね。

基本的に、高円寺や阿佐ヶ谷を中心に撮影を行い、その他福島や杉並区・山王や中野等色々なロケ地での撮影ですね。

ドラマの中で出てくる居酒屋『鳥の民』は、東京都台東区 上野6丁目16−7『長崎県平戸漁港六次朗』が撮影場所として使用されています。

東京をウロウロしていたら、このドラマの撮影に出くわすかもしれませんね(笑)

 

ゆとりですがなにか第3話ネタバレ

3話では坂間と山岸間の問題から始まる。

山岸的には、坂間がちゃんと謝罪し始末書を書けば訴訟は起こさないという事で会社側はそれを容認し坂間に始末書の提出を求めるようですが、坂間は納得いかない感じ。

そりゃあ誰が見たってそうですよね。むしろ坂間の方が正当ですよね。

でも、弁護士まで連れてきてるもんだから会社側としては事を大きくしたくない為、山岸の言い分を尊重するという流れになるのです。

もうちょっと坂間の上司や会社側がしっかりしてればこんな事にはならないのにねぇ~。と思いません?

坂間と山岸の一件がどうなるのかは大体予想ですますね。

そして3話では、山路一豊(松坂桃李)に色んな問題が発生するようですね~。気になる方は是非ご覧くださいね!

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ