実写映画『東京喰種』ネタバレ感想!窪田正孝の演技とビジュアルがヤバい


2017年7月29日(土)に公開される実写映画『東京喰種』は、公開前からかなり話題になっている作品です。

原作コミックが凄まじい人気なので、そりゃあ期待感と不安感が入り交ざった声が飛び交うのは当然の事かもしれませんね〜。

夏休みに公開という事で、より一層の来場が見込まれるのではないかと個人的には思っていますが、実際に東京喰種の実写映画を作るにはかなり困難を極めたのではないかと思います。

原作を忠実に再現するなんてなかなかの技術がないと難しいでしょうからね。

そこでこの記事では、東京喰種の実写映画の内容についてお伝えしていきたいと思います。

 

Sponsored Link
<

実写映画『東京喰種』のあらすじ

東京喰種 あらすじ

実写映画『東京喰種』のあらすじは、ほぼ原作コミックと変わらない内容でストーリーは原作を忠実に表した設定になっております。

 

人間社会に紛れ込んで人を喰らう怪人「喰種(グール)」たちがはびこる東京。事故で重傷を負った青年カネキは、一緒にいた喰種の少女リゼの臓器を移植されたことで半喰種になってしまう。人間でありながら人を食べることでしか生きられなくなったカネキは、人間と喰種の狭間で苦悩しながらも、喰種を駆逐しようとする人間たちとの戦いに巻き込まれていく。

 

金木研(カネキ)役/窪田正孝

東京喰種 窪田正孝

 

霧嶋董香(トーカ)役/清水富美加

東京喰種 清水富美加

 

神代利世(リゼ)役/蒼井優

東京喰種 蒼井優

 

真戸呉緒役/大泉洋

東京喰種 大泉洋

 

この他にも様々な俳優・女優さんが出演されており、豪華メンバーによる実写化という事でここも注目されるポイントの一つなのかもしれません。

 

主なストーリーは、『喰種VS人間』を描いたものですが、時に『喰種VS喰種』という事もありますし、喰種と言っても見た目は普通の人間と同じですし喰種にも愛する家族や愛する人がいますので、それぞれに人生があるわけです。

 

元は人間だったカネキが突然『半喰種』となってしまい、この現実を受け入れたくないけど受け入れなければいけない葛藤をカネキの周囲にいる喰種が様々なトラブルに合いながら一緒になって乗り越えていくという人間味を感じさせられる内容です。

 

実写映画『東京喰種』公式ホームページ

実写映画『東京喰種』公式twitter

 

関連記事:実写映画『東京喰種』東京の試写会・舞台挨拶や前売り券特典【動画】

 

Sponsored Link
<

実写映画『東京喰種』ネタバレ感想

実写映画 東京喰種 感想 ネタバレ

原作のコミックで描く東京喰種の世界観は、誰が見ても現実的ではありませんよね。

まさに空想の世界といった感じなのですが、これを実写化するにはかなりの技術や労力や必要になってくるのは言うまでもありませんが、実際に実写化を成功させているから日本の技術力の進歩は凄いなと、ただただ感じさせられるわけです。

 

ですが、実写映画ですのでコミックで見るような繊細なタッチを表現するのは難しく、心底東京喰種を愛する人が今作を観ると物足りなさを感じるかもしれませんが、逆にここまで再現できてるのか!っと思うシーンも沢山ありますので、東京喰種を見た事がある人もない人も実写版を観て原作とは違った東京喰種の世界観を堪能していただきたいですね♪

 

幸福の科学へ出家した、『清水富美加』が久しぶりのスクリーンに出演されていますのでここにも注目していただきたいです。

 

東京喰種は、喰種VS人間の戦いを描いていますので、当然アクションシーンも出てきます。

窪田正孝さんを筆頭にそれぞれのキャストが東京喰種の世界に入り込んだ演技にも注目して観てくださいね!凄いですよ!

 

関連記事:映画『銀魂』実写の感想!堂本剛と小栗旬の演技がヤバい!【動画】

関連記事:実写映画『亜人』ネタバレ感想!佐藤健・綾野剛の死闘に注目!【動画】

 

実写映画『東京喰種』窪田正孝の演技とビジュアルがヤバい!

窪田正孝さんは演技派俳優として知られており、その演技力の高さは非常に評判が良い役者さんです。

以前放送された、テレビドラマ『デスノート』で魅せてくれた演技力の高さは誰もが納得いくものではなかったのではないでしょうか。

好青年の役からシリアス感のある役、サイコ的な役まで幅広く対応できる演技力は俳優の中でもトップクラスの才能を持つ俳優さんの一人だと感じています。

 

そんな窪田正孝さんは今回も見事にカネキを演じられています。

表情の一つ一つから、雰囲気やセリフの言い方、どれをとってもクオリティが高いものに仕上がっています。

 

ただ、ビジュアルに関してはどうかな〜?って感じですね。

むしろもう少しチャレンジしても良かったんじゃない?って思う程で、これだとちょっとヤバいかな〜っと個人的には感じています。

ちなみにカネキはこんな感じですね。

 

東京喰種 窪田正孝

 

演技力やCGでカバーといった感も感じられますが、そもそもこの作品を実写する事がチャレンジだと思うので、十分な仕上がりかもしれませんね!

そこに関しては、あなたの目で確認して感じて下さい♪

 

でも、映画館で観る価値は十分にある作品ですので、是非足を運んで実写映画『東京喰種』をご覧下さい。

 

関連記事:ジョジョ【実写映画】ネタバレ感想!山田孝之(アンジェロ)が怖すぎる

 



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ