ザ・プレデター2018のネタバレ感想!見どころはシュワちゃん?


プレデターの最新作『ザ・プレデター』が、2018年9月14日に全国で一斉に公開されますね~。

個人的に、SF映画の中でも非常に好きなシリーズの一つでして新作が公開されると聞いた時はとても嬉しかったですね。

今回の作品では、巨大なプレデターが出現し仲間と投げ飛ばすシーンが予告で公開されてましたが、あれは一体どのようなプレデターなのか?非常に気になりますね。

そしてなんと、今作の何処かにプレデターの第一作で主演を務めた、アーノルドシュワルツェネッガーさんが出演しているとかしてないとか。

そんな気になる情報が満載の今作について、色々と情報をお伝えしていきたいと思いますのでご覧下さい。

 

Sponsored Link
<

ザ・プレデター2018のあらすじ

ザ・プレデター 2018 あらすじ

今作は、第一作目の続編として作られた正統派続編の作品ですから、プレデターファンとしては公開が待ち遠しいばかりではないでしょうか。

第一話での、シュワちゃんとプレデターの死闘からの続編ですから、どのような内容の作品に仕上がっているのか公開が楽しみという声がネット上で沢山上がっている事からプレデターシリーズの人気の高さが伺えます。

それではここで、ザ・プレデターのあらすじを簡単にお伝えしたいと思います。

 

1人の少年が謎の装置を起動させたことにより、かつて人類を恐怖の底に突き落とした危険なハンター「プレデター」を宇宙から呼び寄せるシグナルが発信された。驚異的な格闘センスや戦闘能力、そして侍を彷彿とさせる武士道を持ち合わせるプレデターは、異種交配により遺伝子レベルでアップグレードして再び人類の前に出現。

さらに、規格外のパワーを誇る究極のプレデターまでもが姿を現す。

果たして結末はどうなるのか!?

 

今作は、シリーズ1作目「プレデター」に特殊部隊員として出演した経験を持つ、「アイアンマン3」のシェーン・ブラック監督がメガホンを取っている点も、公開前の注目ポイントの一つと言えるでしょう。

個人的に、今作が外れる事はないと思っていますので、プレデター好きは必ず観るべしですね!

 

 

Sponsored Link
<

ザ・プレデター2018のネタバレ感想!

ザ・プレデター 2018 ネタバレ 感想

今作の見どころは、『巨大な最強プレデターの正体と登場した理由』ではないでしょうか。

予告の動画でも登場する、プレデターを投げ飛ばす巨大なプレデター。

このプレデターの一体何者なのか?人間の見方なのか、それとも両方(人間・プレデター)の敵なのか?

このプレデターが出現した鍵を握るのが、今作の主人公の息子という声も上がっている。という事は、この息子の行動次第で全てが変わってくるという事になってきますよね。

プレデターとまともに戦っても、なかなか勝てる相手ではないですから今作は、プレデターを倒す為のアイテム的な物が存在するのかも?

 

人間VSプレデターといった内容かと思いきや、人間VSプレデターVSプレデターという変な位置関係の内容となっているので奥が深い作品に仕上がっているようですね~。

しかも正統続編ですから、シリーズ1作目とどのようにつなげたストーリー展開を見せてくれるのかも見どころではないでしょうか。

ネット上でも公開を待ちわびるプレデターファンが期待の声を沢山発信している事から、期待の高い作品だと言えるでしょうね。

 

ザ・プレデター2018の見どころの一つはシュワちゃん!?

今作は、シリーズ1作目の続編という設定で作られた作品です。

シリーズ1作目の主人公は、アーノルドシュワルツェネッガーさんが務めた事から、今作にもちょい役で出演するのでは?といった声がネット上で飛び交っています。

その真相については分かりませんし、配給側も真実を伝えると完全にネタバレとなってしまうので、何もコメントをしておりませんが一部の情報ではシュワちゃんは出演していないという声が上がっています。

 

たしかに、シュワちゃんがちょい役で出演されている可能性は0ではありませんし出演された方が作品としても面白い内容かもしれませんが、なかなか難しい所もあると思うので期待はせずに本編を観てみましょう。

たぶん出演は無いと思いますけどね(笑)

 

シュワちゃんが出るにしても出ないにしても、この作品は十分に楽しめる内容に仕上がっているので、DVDをレンタルするのではなく映画館へ足を運びゆっくりと楽しんでいただきたいですね!

映画はやはり、映画館で観るに越した事はありませんからね。

 

最後までご覧いただき有難うございました。



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ