宅建取得後の仕事内容とは?主婦でも活かせる仕事をご紹介!


宅建の資格を取得した後の仕事って何があるのか?フワッとはイメージできていたとしてもはっきりとした事はあまり理解していないのはないでしょうか?

たしかに何ができてどこまで仕事の幅が広がるかなんてしっかり理解している人の方が珍しいかもしれませんね。

そして主婦の方が宅建を取得した場合、宅建が活かせる仕事についてもご紹介していきます。

この記事を読めば、宅建取得後の仕事幅が増えるかもしれませんよ。

 

Sponsored Link
<

宅建取得後にできる仕事内容とは?

宅建 仕事

まず、不動産の営業自体は宅建資格が無くても可能です。

ですが、いざ契約の段階で重要事項の説明&重要事項説明書の記名押印は、宅建士のみ可能となります。

これは、弁護士でも代表取締役でも不可能な業務になります。

 

もちろん、宅建業に限った事ではありません。

金融関係でも、担保関係で不動産が絡む機会が多いですから宅建資格があるだけでも、一定の知識がある人と認められることが多いかと思います。

 

例えば、経理事務を希望する方でも簿記2級ぐらいをお持ちの方はざらでしょう?

あるいは、経験5年以上の方も沢山いらっしゃる事でしょう。

 

しかし、簿記はあくまで検定試験ですから資格が無くても、経理事務はできます。

ですが、宅建事務は国家資格である宅建資格が必須となりますので資格を持たないと業務を行う事ができませんので誰でも簡単にできる仕事ではないという事です。

 

経営者の立場に立てば、わざわざ資格保有者を別に雇用するより一人で宅建事務までできる方の方が付加価値が高いと思いますのでもし宅建の資格をお持ちであれば今がチャンスかもしれませんね!

 

これは営業の方にも言える事ですが、日本では不動産の営業所5人に1人以上の割合で宅建士が必要です。

ですが、アメリカではほぼ皆さんお持ちだそうです。

日本もいずれそうなる時代が来るでしょう。

 

お客様の立場に立てば、売る人が契約書面の作成と重要事項の説明までしてくれる方が、安心できますよね?

そう考えた時に不動産業界の現状がどのように変化していくかは考えなくても必然的に答えが出てくると思います。

参考記事:宅建合格の勉強時間目安とは?過去問おすすめテキストについて

 

Sponsored Link
<

主婦でも宅建取得は可能?

宅建 主婦

主婦でも宅建取得は可能なのか?という疑問についてお答えするとそれは、可能です。

というのも、びっくりするかもしれませんが宅建に合格する比率が高いのは、

 

・主婦

・女子学生

 

なのですから。

 

何故主婦の方や女子大生の合格率が高いかというと、先入観がないからです。

意外と、不動産とか金融業界の方でも何回も不合格の方がいます。

 

例えば、権利関係。

保証人と連帯保証人の違いって、分かりますか?

 

実務では、ほぼというよりまず100%、

 

保証人 = 連帯保証人

 

ですが、

 

試験では、保証人 ≒ 連帯保証人 どころか、

 

保証人 ≠ 連帯保証人 に近いです。

 

よく問われる例として、

催告の抗弁権。

債権者の立場から、連帯保証人では直接保証人に請求できます。

保証人では、まず元の借主の所に行けと言われます。

 

この違い、真逆でしょう。

 

実務をしている人は、その実務にとらわれがちです。

でも、法律の試験はまず、「ありえない」ことでも「あり」ですから先入観がない人があっさりと合格してしまうわけですね。

 

主婦でも活かせる仕事をご紹介!

なぜ、ドラマや漫画で「宅建女子」「宅建主婦」が出てこないのかと私は疑問に感じています(笑)

弁護士や医者は掃いて捨てるほど(?)よく登場しますけどね。

 

TV局関係者の皆様。 2時間ドラマで、作れませんか?

「宅建主婦探偵シリーズ」とか・・・斬新な企画でしょう?

・・・そう思って、念のため、検索してみたらヒットしました。

 

http://takkenjyoshi.blog.fc2.com/(宅建女子☆blog)

 

このブログ記事にもありますが、やはりバッグにテキストと問題集を常備していたそうです。

化粧品より、勉強道具ですな(笑)

 

ところで、宅建士の魅力の一つとしてパートでも仕事可能という点があります。

歯科助手とか、薬剤師さんのパートはあるでしょうが宅建士のパートなんて聞いた事がない方が多いのではないでしょうか。

ですが、宅建士のパート職は存在します。

 

今からでも十分合格可能な国家資格を取得して、パートでも正社員と同じ仕事に携われるのです。

資格手当も宅建は、月2~3万が相場として付きます。

 

求人広告では、「宅建事務」という表現が多いです。

それでも、重要事項説明と書面に記名押印できるのです。

 

いわゆる、主婦パートでも宅建資格者のパートさんが増えればその企業全体もひいては社会全体も今より活性化してくるかと思います。

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ