社員旅行が強制で嫌な時に行きたくないおすすめ理由3選を紹介

Sponsored Link

会社勤めをしていると何かしら会社のイベント行事が定期的に開催されるものです。

会社によって様々だと思いますが、多いところでは月に何度も会社イベントが開催される話も聞きますね~。いやぁ~こんな事聞くだけで大変そうですよね。

例えば、歓送迎会・忘年会・決起集会・社員旅行や会社で趣味のサークル的なものがあればそのイベント等、季節ごとに開催されると思います。

このようなイベントが大好きな人もいるわけですが、皆がそうではありません。

この記事を見て下さっているという事は、イベント好きではない方だという事でしょう。

そこでこの記事では、社内イベントが苦手!特に社員旅行なんてホントに参加したくない!というあなたにとって最適な断る理由についてご紹介したいと思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

社員旅行が何故あるのか考えてみよう

社員旅行
社員旅行とは何故あるのでしょうか。

 

社員旅行を行う1つ目の目的は、社員のモチベーションが挙げられます。

日頃の仕事の疲れを、社員旅行を通して癒してもらおうという事が前提の目的です。
高いモチベーションを維持することで、仕事の効率化を図っているのです。良い環境を作り、良き信頼関係を作るのが目的です。

 

社員旅行が行われる2つ目の目的は、社内コミュニケーションの活性化です。

社員同士の親睦を深めるために、観光や飲食をともにするという目的です。
コミュニケーションが苦手になってきた若者が増えてきたという理由もあり、社員同士がコミュニケーションをとりやすいように、社員旅行を企画している節すら感じられます。社員の苦手意識を克服するためにも、社員旅行の重要度が上がっているのです。

同じ会社員同士、同じ釜の飯を食べて仕事から離れて親睦を深め合うのが目的です。仕事では厳しい上司のプライベートな一面も見られ、良い経験になるのではないでしょうか。

 

とはいえ、新入社員は上司の挨拶回りやご機嫌取りでいっぱいいっぱいになってしまいなかなか楽しめないことと思います。また、同僚や上司と一緒にお風呂に入るのが嫌、宴会時の出し物が嫌という意見も多く見られます。

 

社員旅行に行きたくない時の断り理由3選

社員旅行 断り理由
1.体調不良

事前に欠席する旨を伝えておくのが難しい場合は、前日または当日などに体調不良を理由に断りましょう。
ただ、旅行費用やキャンセル料などがかかる場合もありますがこれは仕方ないと割り切る必要がありますね。
体調不良での欠席をする際は、それ相応の覚悟が必要だという事ですね

 

2.冠婚葬祭

大切な友人や親戚などの結婚式、親戚の法事などを理由に断りましょう。
結構使える断り文句ですが、使い過ぎには注意ですね(笑)特に葬式関係は。

 

3.バス酔いが酷い

毎年続けて社員旅行を欠席する場合の口実としては、バス酔いが酷いことを理由に断りましょう。
電車での移動であっても、障害に近い酔いやすい体質の為に、長距離は乗っていられないことを伝えるのが大切です。
そもそも長距離移動が難しい口実を作れば、どのような交通手段の社員旅行であっても断れますので一番確実性が高いかもしれませんね。

 

もし社員旅行が強制参加の場合は?

スポンサードサーチ
 

もし上司や会社の代表から、「社員旅行は強制参加だからね」と言われてしまったら、どうすれば良いでしょう?

しかし社員旅行は通常、会社の業務には当たらないため、社員旅行を強制して参加することを義務づけることはできません。ですが「行きたくないから行きません」と言う訳にもいきませんよね。

やはり体調不良や冠婚葬祭を口実に欠席するのが角も立たないので良いでしょう。

でも、積極的な参加はできないとしてもできる事であれば極力参加をするカタチの方がいい面もありますので、数回に1度は参加するというカタチを取られるのもいいかもしれませんよ。

 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ