白石隆浩が死刑にならない理由は?精神鑑定で無期懲役の可能性も


猟奇的な事件として連日世間の話題となっている白石隆浩事件。

これまでに例を見ない程の事件なので誰もが白石隆浩の判決がどのように下されるのか注目されるところ。

誰もが死刑は確実だろうと思うわけですが、実際のところそう簡単にいかないのが日本の法律。

死刑にならないという話もあるわけですが、実際はどうなのか?気になりますよね。

そこで、白石隆浩の判決に関してお伝えしていきますのでご覧下さい。

 

Sponsored Link
<

白石隆浩が死刑にならない理由とは?

白石隆浩 死刑

白石隆浩は何人のあやめたら死刑になるのか、そんな事を調べていたそうです。

そんな事を調べる精神は、私には到底理解ができません。

だから何人もあやめる事ができたのでしょう。

 

ネット上には、白石隆浩は即死刑だろうという情報が飛び交っています。

当然誰が考えてもそうでしょう。

ただ、実際にそのような判決に至るまでにはかなりの年月がかかりますし、思うような判決が下されない事も考えられます。

 

弁護士は、依頼主を弁護する仕事ですので、意地でも刑を軽くしようと必死になります。

そこで、考えられるのが白石隆浩の犯行時や通常時の精神状態はどうだったのかという点になります。

 

弁護士は色んな手を使って、少しでも罪を軽くする事が仕事ですからこの事件が長期戦になるのは間違いないでしょう。

では、どんなやり方で弁護を行なっていくのか考えてみましょう。

 

関連記事:白石隆浩の実家は何処?父親の事件関与理由や黒歴史がヤバい!

 

Sponsored Link
<

白石隆浩は精神鑑定で無期懲役になるか?

白石隆浩 無期懲役 精神鑑定

一番有力視されているのが、『精神鑑定を行い精神科へ入院させる』という手段。

これが一番効果的なやり方だと言われています。

実際に、知人の弁護士も言ってましたからそうなのでしょう。

 

日本の法律は意味不明なところがありますよね。

精神状態が普通ではない人には重罰を与えない。

これってちょっと違うんじゃないかなと思います。これは私だけが感じている事でもないでしょう。

 

いくら精神状態が普通ではないにしても、犯した罪は変わりません。

精神状態を理由に逃げ切れる法律が甘すぎるのではないでしょうか。

 

ですので、白石隆浩の弁護士はこのやり方を使い長期戦に持ち込み、最低でも死刑を逃れる手段を取る事でしょう。

仮に死刑判決が下されたとしても3年以上の時間はかかると言われていますので、遺族にとっては複雑な心境でしょうね。

 

しかも、無期懲役という結果になる可能性も0ではありませんので、もしそのような結果になってしまったらマジで日本の法律に疑問を持ってしまいますよね。

死刑というものがいいとは思いませんが、外国のように禁固何十年何百年といった刑を執行したらいいと感じます。

 

これからが本当の意味で戦いになる事でしょう。

 

関連記事:白石隆浩の被害者はまだいる?前の自宅から異臭騒ぎも?場所は何処

 

白石隆浩の死刑は妥当かそうでないか?

先ほどもお伝えしたように、私は死刑というものがいいとは思いません。

むしろ無くしてもいいと考えます。

 

死刑になってしまうと、本当の意味で罪を償う事にはならないと思うからです。

そうじゃなくて、刑務所でこの先の人生を全うしその中で色々な経験をして罪の意識を改めて実感してもらいたいと思うからです。

 

綺麗事に聞こえると言った様々な意見があると思いますが、死刑を下すよりもっと辛くてきつい刑を下す事が本当の意味で罰を下す事になるのではないでしょうか。

今後シャバの世界に出てくることはないと思いますので、自分がやってきた事や置かれた立場をしっかりと見つめて罪を償ってほしいですね。

 

最後までご覧いただき有難うございました。



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ