澤山璃奈のカップが過激!カミングアウトや放送事故の真相【画像動画】

Sponsored Link
<

今回はタレントモデル・プロスケーターの澤山璃奈についてご紹介したいと思います。

澤山璃奈さんのイメージと言えば、プロスケーターというよりグラビアのイメージの方が強い方が多いかもしれませんね。まぁどちらも澤山璃奈さんの本職ではありますが(笑)

では、澤山璃奈さんとはどんな女性なのか?何をやっててこれまでにどんな事をやってきた女性なのか?

そんな事をこの記事ではお伝えしていきたいと思います。

その中でも、澤山璃奈のカミングアウトや澤山璃奈の放送事故といった、非常に気になる情報についてもお伝えしていきますのでお楽しみに♪

 

カップが過激な澤山璃奈とはどんな人?

澤山怜奈

澤山璃奈さんとはどんな人なのか?

まずは簡単にプロフィールをご紹介したいと思います。

 

【澤山璃奈】

・生年月日:1988年10月13日

・年齢:28歳

・出身:神奈川県

・身長:164cm

・血液型:A型

・趣味:バレエ・ネイルアート・音楽鑑賞・歌・イラスト・デザインアート

・特技:フィギュアスケート

・性格:社交性・協調性がある・人懐っこい

・所属事務所:プラチナムプロダクション

澤山璃奈公式ブログ

澤山璃奈ツイッター

澤山璃奈インスタグラム

 

澤山璃奈さんは小学3年生の頃からスケートを始め、全日本フィギュアスケートジュニア選手権のアイスダンスでは2004年から2006年まで3連覇の実績をお持ちです。

そして、2011年1月の日本学生氷上競技選手権大会では女子Bクラスでは準優勝という結果を残されています。

その後、2011年4月にプロへ転向し、現在はモデル・タレント業の傍ら、スケートイベント等にも出演しこれまでの経験を活かした活動を行っています。

日頃の活動の風景については、ブログやインスタに掲載されていますので、チェックされて下さいね。

 

グラビアとしての顔も持っており、これまでに6つの映像作品と4つの写真集を出版されています。

これが結構過激な内容でして、発売当初は話題になったものです。

さすがこれまで体を鍛えてきたプロのスケーターだけあって、非常に美しい体に仕上がっているのではないでしょうか。

ちなみに、澤山璃奈さんのカップは『D』です。

澤山璃奈さんの画像を見たい方はこちらからご覧くださいね。

 

関連記事:住谷杏奈カップが過激!鼻整形疑惑や自宅場所について【画像】

 

澤山璃奈のカミングアウトの内容とは?

澤山怜奈

澤山璃奈さんは以前、ダウンタウンの浜田雅功さんの番組出演された際、ご自身の過去のエピソードをカミングアウトした事で話題になりました。

どのような事をカミングアウトしたのかというと、『過去に交際していた元彼の事』でした。

その元彼はマッチョな体型の男性でして、非常に束縛の酷い男性だったそうです。

束縛の酷さに耐えれなかったのか、今はすでに破局しており現在彼氏募集中という事ですが、好きな男性のタイプは『マッチョな男性』との事。

細い人には全く興味がなく、フィギュアの男性には惹かれないそうで、これまでに一度もフィギュアの男性とは関係を持った事がないんだとか。

という事は、澤山璃奈さんはとても肉食系女子と言えますね。

 

有吉反省会にも出演されますが、何を反省するかというと『グラビア写真で自慢のカラダを披露するものの、実はいつもお腹だけは隠している事』を懺悔しに出演します。

という事は意外にも、お腹は少しぽっこりお腹なのかもしれませんね。

画像って修整できますから、お腹付近の修整をした上で、グラビア画像を世に出しているのかもしれませんね(笑)

 

澤山璃奈の放送事故の真相について

Sponsored Link
<

それでは最後に、澤山璃奈さんの放送事故についてご紹介したいと思います。

5年以上前の事ですが、澤山璃奈さんが出演されていたドラマ『ここが噂のエル・パラシオ』にてちょっとしたハプニングが発生しました。

これについての証拠画像や動画はありませんのでお見せできないのが申し訳ないのですが、要は澤山璃奈さんが身に着けているものが全て取れてしまうという事故があった為、これが放送事故として未だに語られているわけです。

 

まぁ、ご本人としては今まで色んな人に見られる仕事をしてきたので、この事に対してあまり抵抗がなかったみたいですね。

それは、ご自身の体に対する自信の表れという意味でも取ることができますね(笑)

実際綺麗な体をしていますから、全く否定はしません。

 

最後に、澤山璃奈さんの動画が見たい方はこちらからじっくりご覧ください

 

Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ