ムカデ対策時期はいつから?赤ちゃんがいる家は蚊帳と石灰対策?

Sponsored Link
<

暖かい季節になると気分もよくなりますし、生活環境も過ごしやすくなる為精神的にも落ち着きがでるように思えますので、個人的に寒い季節より暖かい季節の方が好きです。

ですが、そう思っているのは人間だけではありませんよね。

というのも、どんな生き物でも寒い時期より暖かい時期の方が好きなわけです。という事は暖かい時期になると様々な生き物の活動が活発になってきます。

そこで今回は、この時期から姿を見せる『ムカデ』についてのご紹介です。ムカデの対策時期やもし赤ちゃんが家にいる場合どのような対策をしたらいいのか等、ムカデに対する対策のご案内になります。

 

ムカデの出現時期はいつ?

ムカデ出現時期

毎年必ずといっていいほど家の中または家の外に出没するムカデですが、小さい子供のいる家にとっては非 常に恐ろしい存在ですよね。

もし万が一噛まれてしまった場合、『アナフィラキシーショック』で命を落としてしまう危険 性もありますので要注意の存在です

ムカデの活動が活発になるのは梅雨入りの 5 月ぐらいから 10 月ぐらいまでです。 3 月頃から活動し始め、5 月ぐらいから生殖行動に入りますので事前の対策をしておきたいものですね。

 

おすすめのムカデ対策法

ムカデ対策

1.湿気対策を万全に

ムカデは湿気がある場所を好みます。庭石の裏側や、住宅のジメジメとした隙間があ るとムカデが侵入してきますのでできるだけ換気を行い室内に湿気を溜め込まない対策を行いましょう。

特に梅雨の時期は湿度が高くなりますので、除湿器等を活用しできるだけ換気を行っていきましょう。

 

2.ゴキブリを家から追い出す

湿気があり、カビが生えるとそこにダニが寄ってきます。そのダニを捕食するためにゴ キブリがやってきます。そのゴキブリのフンがムカデたちにとっては大好物です。 ゴキブリのフンを放置したりしするとムカデがそこにやって来るため、見つけたら必ず処理を行って下さい。ゴキブリがいる家には必ず他の害虫も 寄ってきますのでゴキブリの対策も万全に行いましょう。

 

3.ムカデ除去剤の散布

ムカデ除去剤を家の周りに散布します。雨が降った次の日に大量に散布することが 大切です。何故なら雨が降った次の日は湿気が多くムカデには最適の環境になる為、外に出現する確率が高くなりますのでそこで除去剤を散布しておくと効果が高いからです。

 

4.水廻りに粘着トラップ

ムカデは水を補給するため水廻りに集まってきます。水廻りといえば、お風呂やキッ チンです。どちらもカビが多く発生しやすい場所ですよね? 侵入してきたときの予防線として、ゴキブリホイホイなどの粘着トラップを脱衣所やシ ンク下などに設置しておくようにしましょう。

 

もしムカデに刺されたら?

もしムカデに刺されてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

とにかく真っ先に、43℃以上の火傷しない程度の熱さで 10 分以上患部を洗い流し、石鹸や シャンプーで洗浄します。 弱酸性では意味がありませんので注意してください。42℃でムカデのもつ毒の酵素が失活するため痛みがなくなります。

ムカデの毒というものは基本的に毒は注入されているのではなく、表面に塗られているだけです。もしも牙やト ゲが患部に刺さっているときはピンセットで抜いてあげましょう。

 

刺されてしまったときに絶対にしてはいけない間違った対処法は「冷やす」「吸い出す」「絞り出す」です。

冷やす
冷やしてしまうと、激しい痛みがさらに深刻化してしまう結果となります。最悪のケースで、 アナフィラキシーショックという痙攣をおこして、気絶や命を落とす危険性もありますの で絶対にやめましょう。

吸い出す
ムカデの毒は皮膚の表面についているだけの場合が多く、吸い出す必要はありません。口の 中に毒素が入ってしまうと嘔吐や腫れ、気道閉塞などの危険性があるため吸い出さないよ うにしましょう。

絞り出す
揉んでしまうと傷口から毒が浸透してしまい余計にひどくなってしまうこともありますの でやめましょう。
もしムカデ刺された場合は、これらの点を注意して処置を行って下さい。

 

赤ちゃんがいる家は蚊帳がいいのか?石灰がいいのか?

スポンサードサーチ
<
 

どちらも効果的なので両方で活用して対策されると心配は軽減するでしょうね。それぞれについて解説していきます。

 

蚊帳
もし蚊帳を使うのであれば、ムカデ用の底が付いているものがいいです。普通の蚊帳は底がないので侵入して来る可能性が高い為、必ず底が付いた蚊帳を使用するようにしましょう。

石灰
石灰を使うのであれば、園芸コーナーにある消石灰がよいでしょう。そんなに高価なものでもありません。

ムカデ、 アリ、ヤスデ、ゲジゲジなどの不快虫は白い線を越えることが出来ず、家の周りに敷いてお くと、外部から家の中へは侵入してこないということになります。もともと消石灰は土壌改良材なのでそれ自体害にもなりません。

市販のムカデ駆除、アリ駆除剤も粉は白く、殺虫剤 混合で白い粉が付くと不快虫が死んでしまう原理です。消石灰のみでは殺虫効果は期待で きませんが、外部からの侵入対策としては良いかもしれません。

 

蚊帳は睡眠中に限定されますしムカデ用の蚊帳は結構なお値段もしますので、ムカデ侵入 対策としては石灰の方がお勧めですね。

 

 

おすすめムカデ対策グッズ

ムカデ対策に役立つグッズをご紹介したいと思います。

これで今年のムカデ対策に役立てて下さい!

 

 

 

 

 

ムカデを家から完全に除去する事や完全に侵入を防ぐ事は厳しいですが、被害に合わないような対策は事前にしていきましょう。特に小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は尚の事です。

暖かくなると色んな生き物が顔を出していきますが、上手に付き合えるような生活をしていきたいものですね。

 

Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ