メルドニウム個人輸入効果でシャラポア年収激減?マグロ化深刻か

Sponsored Link

先日、重大な発表があるという事でプロテニスプレーヤーのマリア・シャラポアさんが会見を開きました。

その重大な発表というのは、メルドニウムという薬を服用した事によりドーピングと判断され約3年間の出場停止を受けるかもしれないという事でした。

まだ出場停止処分になるかどうかはまだはっきりしていませんが、メルトニウムを服用していた事は間違いない為今後を不安視するファンも多いことでしょう。

そこでこの記事では、メルドニウムについて・シャラポアの現状についてお伝えしていきますのでご覧ください。

 

メルドニウムとは?個人輸入の情報について

メルドニウム
まずは、そもそもメルドニウムとはどんな薬なのか?どんな症状の人間が服用するものなのか?そんな事についてお伝えしていきましょう。

メルドニウムというものは、血流を促す為の薬です。主に心臓疾患を患う患者に処方される事が多くロシアや東ヨーロッパでは広く使用されていますが、アメリカやオーストラリアなどでは一般的ではありません。

その他に、持続力向上・回復力向上・耐ストレス性の向上など、日頃肉体的にも精神的にも疲れがたまっている人であれば魅力に感じる薬であることはまちがいありませんね。その分副作用が出てしまう可能性がある点がデメリットです。

メルドニウムは代謝を促進させる効果作用があり、最近ではスポーツ選手の間で使用が広まっていると噂されていたわけです。ですが、2015年に世界アンチ・ドーピング機関がメルドニウムを要注意薬物のリストに載せ、2016年1月より「S4. ホルモン調節薬および代謝調節薬」として、禁止薬物に指定した事によって、シャラポアさんが処分を受けてしまったわけです。

 

日本でのメルドニウムの個人輸入は特に規制があるわけではありませんが、まだ未許可の薬ですので勝手に売買する等したら罰せられます。ただ、シャラポアさんの国では法律が違うと思いますので何とも言えませんが、心臓疾患の患者に処方するくらいですからそこまでの規制はないのかもしれませんね。

 

メルドニウム効果でシャラポアの年収が激減か?

メルドニウム シャラポア
メルドニウムを10年間も服用し続けたとしてシャラポアさんが窮地に立たされています。

メルドニウムの規制がかかったのが2016年1月なので、あまりにも急すぎる展開にご本人も戸惑いを隠せないかもしれませんが、分かっていて服用し続けていたとしたらこれはまずいですよね。

たぶん、承知の上で服用していた可能性が高いと見ています。というのも、2016年1月に禁止薬物に指定されまだ2~3ヶ月程度しか経ってないにも関わらず約3年間の出場停止処分を受けそうになっているわけですから処罰は相当重いわけです。

という事は、以前から禁止薬物に指定だと知ってて服用していた為にこんなに重い処罰が下ったと考えられませんか?

 

この一件で、ナイキ・ポルシェ・タグ・ホイヤーがシャラポワさんとのスポンサー契約を打ち切りました。

テニスプレーヤーとしても超一流なので賞金は沢山稼いでいたと思われますが、スポンサー契約を切られたら超痛いですよね。

ちなみに、シャラポアさんの2015年の年収は、約37億円!その内の約2/3がCM出演等のスポンサー契約によるものですので、この収入が激減してしまうと超やばい事になりませんかね?

いくら今まで、世界の女性アスリートの中で一番稼いでいたとしたって半分以上のスポンサー料が無くなってしまえば不安になりますよね。しかも3年間の出場停止になってしまったら賞金も獲得できませんからダブルで痛い・・・

一体どうなるシャラポア?

 

メルドニウムの一件でマグロ化が深刻に?

スポンサードサーチ
 

テニスの試合では激しい打ち合いで大声を上げる姿が印象的なシャラポアさんですが、なんでも夜の営みの際はかなりのマグロとの事。

これは結構話題になっていたわけで、シャラポアさんの試合の姿からは想像もつかない為に意外性という点で話題になったと思われます(笑)

今回のメルドニウムの一件で、さらにシャラポアさんのマグロ化が深刻化したのではないかと言われています。まぁ、精神的なものだと思われますが。

今までテニス界の第一線で活躍してきただけあって、今回の事はご本人もかなりの衝撃だった事だと思います。一日も早く元気な姿でテニスコートに戻ってきてほしいものですね。

 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ