丸山和郁(前橋育英)の脱臼は大丈夫か?出身中学やドラフト進路まで


この記事では、甲子園2017に出場している注目校の『前橋育英』に関する情報をお伝えしたいと思います。

前橋育英には、投手と野手の両方でチームに貢献する強者がいるわけですが、その強者の一人が『丸山和郁』さん!

丸山和郁さんは、脱臼しても試合に出る程気合いが入った選手でして絶対に優勝を勝ち取る!という精神力がとても高い選手なので、チームとしても非常に心強い存在ではないでしょうか。

そんな丸山和郁さんに関する情報をお届けしたいと思いますのでお楽しみ下さい。

 

Sponsored Link
<

丸山和郁(前橋育英)の脱臼は大丈夫なのか?

丸山和郁 前橋育英

U18高校日本代表候補に選出されている丸山和郁さんは、これからの活躍を大いに期待されている選手でして持ち前のガッツが非常に頼りになる存在。

ただ、心配なのは右肩の脱臼の事。

 

丸山和郁さんは、今年6月の試合中に右肩を脱臼してしまいました。

そして、群馬県大会の準々決勝と決勝にも脱臼してしまい、計3回もの痛手を負ってしまった為、肩に結構負担がかかっているのはないかと思います。

 

本人は、『今回は最後の夏だし、一番特別。肩はどうなってもいいので頑張りたい』と気合いの入ったコメントをされていますし、『もしまた外れても適当にやれば元に戻る。なんとかやるしかない!』とワイルドさを見せてくれるので、チームメンバーも士気が高まっている事でしょう。

 

甲子園で優勝したい!という強い気持ちはよく分かりますが、これからの野球人生の方が長いわけですから無理はしないようにしてほしいですね。

せっかく素晴らしいプレーヤーなんですから、チャンスを棒に振ってしまっては何にもなりませんからね。

 

Sponsored Link
<

丸山和郁の出身中学は何処?

丸山和郁 中学

つづいて、丸山和郁さんの出身中学についてお伝えしたいと思います。

 

調べたところ、丸山和郁さんの出身中学は群馬県高崎市にある『高崎市立倉渕中学校』と判明。

中学時代は、学校の軟式野球部に所属しており投手・捕手・遊撃手として幅広い範囲で活躍されていたようです。

 

丸山和郁さんが野球を始めたのは、小学校1年生の頃。

それからメキメキと頭角を表し、今ではU18の日本代表に選ばれるまでに成長し、素晴らしいの一言ですよね!

きっと、相当な努力をしたと思いますし周囲のサポートもしっかりしてもらっていた事でしょう。

 

でも一番は、本人が野球が大好きだという事ではないでしょうか。

好きに勝るものはありませんからね。

 

丸山和郁のドラフト進路について

2017年のドラフト候補として選ばれている丸山和郁さん。

進学をするという考えはないと思いますので、来年からはプロの仲間入りになる事でしょう。

どの球団に入るかは分かりませんが、一流のコーチの元でしっかりトレーニングを積めば確実に成長していく事でしょう。

今でも凄い実力の持ち主ですが、上には上がいますので甘んじる事なく高みを目指し日本の野球界を引っ張っていく存在になってほしいものですね!

その素質はあると思いますので、今後の活躍から目が離せません!

 

最後までお読みいただき有難うございました。



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ