北朝鮮ミサイルの破壊措置命令を実行しない理由とは?Xデーはいつ?


この記事では、北朝鮮のミサイル破壊措置命令を実行しない理由やミサイルが落とされるであろうXデーに関する情報をお届けしたいと思います。

最近、連日のように北朝鮮の話題が報道されているわけですが、9/15にもミサイルを放ち日本上空を通過した為、朝からその話題ばかりですよね。

ホント迷惑な話ですよ。

日本上空を通過すると分かっているのに、何故日本の自衛隊は迎撃しないのか?と不思議に感じる人も多いかと思います。

それには様々な理由があるので紹介をしていくと共に、北朝鮮のミサイルが本当に放たれるXデーに関する噂についてもお伝えしていきたいと思いますのでご覧下さい。

 

Sponsored Link
<

北朝鮮ミサイルの破壊措置命令を実行しない理由とは?

北朝鮮 ミサイル破壊措置命令

いくら北朝鮮の威嚇によるミサイル発射とは言え、日本の上空を通過するだけとは言え、日本に被害が及ばないという可能性は0ではありませんよね。

じゃあ通過する前に迎撃しろよ!って感じる人も多いと思いますが、迎撃しない理由がそこにはあるわけです。

最近よくテレビで破壊措置命令という言葉を聞くと思いますが、この破壊措置命令が実行されない限り迎撃する事はありません。

 

そもそも破壊措置命令って何?

破壊命令措置を取る必要があると言った言葉がテレビで度々流れるわけですが、破壊措置命令ってどんな命令なのか?って感じではありませんか?

破壊措置命令というのは簡単に説明すると、

 

日本国領域に被害が及ぶと思われる弾道ミサイルが飛来すると判断された際に、日本国領域や公海の上空で弾道ミサイルを破壊する為の命令

 

の事になります。

 

その際に使用される迎撃機が『PAC-3』や『SM-3』といったものになります。

PAC-3はこんなやつ。

 

PAC-3

 

そして、SM-3はこんな感じでイージス艦から放たれます。

 

SM-3

 

自衛隊員の人達曰く、

北朝鮮からミサイルが放たれたとしても、PAC-3が確実に撃ち落とすので被害が及ぶ可能性は0です。

これは自信を持って言えます。北朝鮮からのミサイルは絶対に撃ち落とせます。

 

という事を言われていましたが、絶対なんて事はあり得るのか?って思いませんか?

経験した事もないのに絶対という事ってまずあり得ないと思っていますので、正直なところ信じれませんね。

 

ちなみに、迎撃のイメージはこんな感じです。

 

関連記事:北朝鮮ミサイルの種類や威力・破壊力がヤバい?飛行距離や特徴とは

 

危険を感じない限り破壊措置命令は実行されない

という事は、どのタイミングで破壊措置命令が実行されるのか?って話ですけど、日本国に被害を及ぼす弾道ミサイル出ない限り墓措置命令は実行されないという事になりますね。

 

確かに、威嚇射撃の為に放ったミサイルに対して、日本が撃ち落とすような行動を取ってしまえば北朝鮮としては戦争してもいいと判断するに違いありませんから、できる限り冷静な判断をするはずです。

 

今回の弾道ミサイルもグアムに向けての威嚇射撃というかグアムにきちんと届くかの実験的な発射だったので撃ち落とす必要がなかったと言えばそうかもしれません。

ただ、次は本当にグアムに打ち込まれる可能性はありますよね。

もしかしたら、グアムではなく日本に打ち込まれる可能性も0ではありませんからね。

でもその時は、PAC-3がしっかりと撃ち落としてくれるでしょう。

だって、自衛隊員の人達が自信を持って撃ち落とせると言ってたんだから(笑)

 

関連記事:北朝鮮の戦争は秒読みか?日本はどうなる?危険エリア最新2017

 

Sponsored Link
<

北朝鮮がミサイルを放つXデーはいつなのか?

北朝鮮 ミサイル Xデー 

北朝鮮がグアムへミサイルを打ち込むと言い放って結構時間が経ちますが、未だに打ち込む様子は見受けられません。

9/15に威嚇射撃と実験を兼ねてミサイルを撃ち放ちましたが、これもグアムに撃ち放ったわけではありません。

 

以前から、北朝鮮のミサイル発射のXデーについて騒がれていました。

候補をあげると、

 

8月21日

8月25日(先軍節)

9月9日(建国記念日)

10月10日(朝鮮労働党創立記念日)

12月27日(憲法記念日)

 

このように予想をされているわけですが、ご存知のようにこの日にミサイル発射をする事はありませんでした。

10月と12月はまだなので分かりませんが。

 

私が思うに、上記の記念日にミサイルを発射する事はないと思います。

北朝鮮は記念日にミサイルを発射すると各国が予想している事は承知だと思いますので、あえてそこでミサイル発射をするような馬鹿な事はしないと思います。

ですので、次は不意を打つよな形でミサイルを発射させるのでは?と思いますので、10月か11月頃に再度ミサイルの威嚇射撃があり、年末辺りに本格的な何かを始動させそうな気がします。

言っときますが、これは私の憶測に過ぎませんので、参考にしないようにして下さいね〜(笑)

 

北朝鮮は本当にグアムへミサイルを打ち込むか?

このまま北朝鮮への経済制裁を進めれば、確実に何らかの攻撃を仕掛けてくるのではないでしょうか?

てか、そもそもの話、経済制裁をせずに乗り込んで話をしたらいいやん!って思いません?

ちょこちょこくだらない事ばかりやってないで、引くところは引いて押すところは押す交渉をしないと何にも変わらないでしょって思います。

 

双方が意固地になってるからこんな事になるわけで、経済制裁をしたところで一番苦しむのは金正恩ではなくその側近たちでもなく、何も知らない国民ですよね。

だったら尚更しっかり考えて対策しないと北朝鮮の国民が可哀想ですよ。

 

このまま制裁が続けば、グアムもしくは違う場所へミサイルを打ち込む可能性は高いと思いますので、交渉する事を前提に考えた手段を取ってほしいですね!

金正恩はどうでもいいですが、北朝鮮の国民に日本の戦中戦後のような経験をさせたらいかんと思いますので、しっかり考えて行動してほしいものです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

関連記事:北朝鮮の貧しい生活実態の最新情報!収入や飢餓がヤバい【画像】



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ