北朝鮮の貧しい生活実態の最新情報!収入や飢餓がヤバい【画像】


北朝鮮の挑発によってアメリカを筆頭に世界の各国が厳戒態勢をとっている様子です。

特にアメリカは今すぐでも戦争できますよと言わんばかりの状態ではないでしょうか。

そんな北朝鮮という国は、決して裕福な国ではありません。

むしろ、貧しい民の方が圧倒的に多い国で今では考えられないような生活をしている人が相当な数存在します。

金正恩氏は、このような現実には目もくれず、ミサイル発射だの核開発だのと、どうでもいいような事にばかりお金と時間と神経を使っているので、本当に理解できません。

そんな北朝鮮の民の現状についてまとめてみましたので、ご覧ください。

 

Sponsored Link
<

北朝鮮の貧しい生活の実態最新情報

北朝鮮 貧しい 生活

北朝鮮の民の暮らしが裕福なイメージの人って、たぶん世界中探してもいないと思います。

むしろ貧困で生活に困っている人の方が多いようなイメージが強いのではないでしょうか。

 

北朝鮮という国は世界に向けて派手な演出をしている風に見えますが、実態は全くそうではなく世界の中でもトップレベルに遅れている国ではないでしょうか。

 

例えば、電気にしても首都の平壌でさえ安定した供給がなされていませんので、停電は当たり前の状態。

田舎町だと、電気が無い暮らしが当然の状態です。

 

車を個人所有する事ができませんので、基本的な移動手段はバス・電車・自転車・徒歩になります。

ただ、公共交通機関も全く発達していませんので、電車がなかなか来ないのは当たり前の状態です。

ですので、自転車や徒歩の方が逆に早かったりもするわけ(笑)

 

そして、格差生活がひどいです。

平壌に住む人々はある程度裕福な生活を送っているわけですが、郊外に住む人々の生活はとても困難な状態でして今日生きるにはどうしたらいいか・・・といった状況の民も少なくありません。

 

民がこのように大変な状況に陥っている現状を金正恩氏は理解しているのでしょうか?

たぶん、このような現状を知っていたとしても民を救う事なんてしないのでしょうね。

だって、実の兄を暗殺させるくらいですから。

 

そんな人間が、国トップに居座っていいのか?

昔ならあり得ない話でもありませんが、今の時代にこのような状態ってなかなか考えられませんよね。

このような国の実態を知った時、私はこのように感じました。

北朝鮮という国が無くなれば、現在生活に苦しむ民も少しは楽になるのでは?と・・・

実際に国が無くなってしまった時、どのような変化が起こるかは分かりませんが、何もしない限り何も変わりませんので、どうにか変化が起きてほしいと切に感じています。

 

関連記事:北朝鮮ミサイルの種類や威力・破壊力がヤバい?飛行距離や特徴とは

 

Sponsored Link
<

北朝鮮の収入の実態

北朝鮮 収入

こんな状態の北朝鮮ですから、当然収入も高いはずがありませんよね。

少し前まで、北朝鮮の民の平均年収は「1000ドル」と言われていました。

 

北朝鮮の物価は当然日本に比べたら安いものですが、年間1000ドルで生活がやっていけるかと言うと、まぁまぁ厳しい生活でしょうね。

いや、かなり厳しい生活だと言えるでしょう。

 

今は少し平均年収が上がっているかもしれませんが、劇的に変化しているとは考えられませんので、民の生活環境もそこまで変化していない事でしょう。

 

働いても働いても生活が安定する事はなく、むしろ体力的にも精神的にも疲れがたまり病気になってしまう人も少なくないと思います。

自由が許されない国で生きる事の辛さって、想像以上に過酷でしょうし全く生きた心地がしないのではないかと思います。

アメリカが早く制裁を行い、結果として民の暮らしが良くなるといいなと思っています。

 

関連記事:北朝鮮とアメリカが戦争した際ロシアはどう出る?日本の影響とは

 

北朝鮮の飢餓について

2009年に無理な経済政策を行った結果、国の経済状況は相当悪化し民の暮らしに影響が出てしまいます。

この時に食糧難が深刻化し民の生活もとても厳しい状態に・・・そして飢餓問題が進んでしまう状況へ・・・

 

2015年7月には、「100年に一度」と呼ばれる程の大干ばつが北朝鮮を襲い、それまでも問題だった飢餓は益々深刻化してしまう状態に。。。

 

郊外のとある村では、飢餓が原因で一家が全滅してしまったり自殺するまで生活を追いつめられる状態の人が多発したり、あまりの空腹に耐えられず我が子を釜茹でして食べてしまう、人肉の売買が行われるなど本当に考えられない状態がそこにはあったわけです。

 

北朝鮮という国をこのような深刻な環境にしてしまったのは、当然政府が原因ですよね。

もっと計画的な経済対策を行い、本当に民の事を考えた政治を行えば、大干ばつが起こったとしてもこのような地獄絵図の世界になる事はなかったと思います。

 

本当に可哀想なのは、こんな大変な世に生まれた子供達です。

そんな子供達の為にも、どうにかいい方向へ変わってほしいですね。

北朝鮮の自力では絶対に変わる事はできないでしょうから、他国がどうにかして救ってほしいと切に思います。

 

北朝鮮の今の実態の画像を紹介して終わりにしたいと思います。

この画像で北朝鮮の現在を感じて下さい。

 

北朝鮮 実態

北朝鮮 実態

北朝鮮 実態

北朝鮮 実態

北朝鮮 実態

 

関連記事:アメリカの北朝鮮攻撃可能性の最新情報!シナリオや日本の影響とは

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ