北朝鮮美女の接待がヤバい?喜び組の結末は結婚か脱北か夜専門か


北朝鮮という国は本当に不思議な国ですね。

完全独立国家として生き続けている為、国のトップ(金正恩)のやりたい放題で国を運営している状態。

これってまさに下級の民としては生き地獄の何ものでもありませんよね。

北朝鮮には、美女軍団と称する組織が存在しており、この組織は金正恩の世話係として働かねばならないわけですが、この美女軍団の接待がとてもヤバいんだそうです。

どうヤバいのか気になりますよね~。

そこでこの記事では、北朝鮮の美女軍団に関する情報をお届けしたいと思います。

 

Sponsored Link
<

北朝鮮美女の接待がヤバいって本当?

北朝鮮 美女

北朝鮮には美女が多いという話は以前より話題になっているわけですが、美女に生まれると幸か不幸か金正恩の世話係だったり国を盛り上げるイベントへの参加を行わなくてはならない。

たぶんこれは自主的なものではなく、半強制的なものでしょう。

 

俗に言う、『喜び組』と呼ばれる集団がこれにあたりますね。

 

北朝鮮の美女達は連日のように接待を行っています。

誰を接待しているかというと、金正恩をはじめとする国のトップに君臨する人間に対して。

 

まぁ接待と言っても、食事の席でお酒を酌んだり隣で会話を盛り上げたりといった、日本で言うキャバ嬢やホステスの職にあたるのではないでしょうか。

ただ、これは表向きの綺麗な接待業務の一つ。

本当の目的は、夜の接待という事になります。

 

要するに、北朝鮮のトップ連中が夜な夜な美女達と豪遊してるわけですよ。

相手にされる方は、たまったもんじゃありませんよね。

でも、拒むなんて事をしたら即重罪を科せられるという何とも理不尽な国なわけですよ。

 

まぁ考え方次第では、この美女軍団に入った事で今後の生活や身の安全は守られるわけです。

きちんと言う事を聞けばの話ですが。

ただし、自由や人権は皆無ですよね。

それを幸せと感じれるのであれば、その人にとってはいい環境なのかもしれません。。。

 

しかし、本当に北朝鮮という国は、何という国なのか理解ができませんね。

 

関連記事:アメリカの北朝鮮攻撃可能性の最新情報!シナリオや日本の影響とは

 

Sponsored Link
<

喜び組の結末は結婚・脱北・夜専門?

北朝鮮 美女

北朝鮮の美女軍団(喜び組)の結末とはいったいどのようなものだろうか?

先ほどお伝えしたように、北朝鮮のトップ連中に忠実に従い生活や身の安全が守れた環境で生きていく事に何の抵抗もないのであれば、美女軍団の一員として生きる人生はそんなに悪くないでしょう。

 

でも、皆がこのような考えではないでしょうし、むしろ美女軍団の一員として生きていくなんて絶対嫌だという女性の方が圧倒的に多いと思います。集団脱北をする美女が多い理由もこういう事なのでしょう。

 

だって、冷静に考えてみたら分かりますが、好きでもない男の相手をずっとやらないといけないなんて地獄でしかありませんよね。

しかも逆らったりしたら重罪として扱われ本当の地獄を味わう結果になってしまう。

そりゃあ脱北もしたくなりますよね。

 

ですから、美女軍団の結末はというと、好きでもない男と結婚をするか(もちろん好きになるパターンもあり得ます)・脱北するか・夜専門家になってしまうかの選択になるわけですよ。

日本では考えられませんが、これが北朝鮮の女性社会の現実ではないでしょうか。

 

関連記事:北朝鮮は何故アメリカを憎み対立する?中国関係も分かりやすく解説

 

北朝鮮の女性には人権というものは存在しない

北朝鮮という国は、女性に対して非常にひどい扱いをします。

どんなひどい扱いをするかというと、まさに性の奴隷というもの。

 

以前、若い女性が重罪で罰せられました。

その理由が、「アメリカの映画を見たから」というもの。ただそれだけで極刑に処されたわけです。

 

北朝鮮は、他国の情報を持ち込む事を禁止しており見つかった場合、即重罪が科せられます。

若い女性はこのルールを破ってしまったが故に、重罪を科せられ酷い扱いをされてしまったわけです。

 

今でも公開処刑と言って、当たり前のようにやっていますがこれはましな方です。

若い女性に関しては、弄ばれてしまい挙句の果てには妊娠してしまう人だって少なくないと言います。

そうなってしまったら事が厄介なので、様々な方法を使って産まれないようにするみたいですが、人間のする事ではありませんよね。

 

このような事がまかり通った北朝鮮の現状を変えるには、やはりアメリカが一度制裁を入れた方がいいのでは?とも正直思ってしまいます。

でないと、この現状は変化しないでしょう。

マジで悲惨な国ですよ。

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ