北朝鮮は何故アメリカを憎み対立する?中国関係も分かりやすく解説

Sponsored Link
<

北朝鮮とアメリカですが、緊迫した状態が続いてますね~。

てか、いつになったらこの緊迫した状態が収まるのでしょうか?このまま永遠と終わらない気もしてきましたね~。

そもそもの話ですが、何故北朝鮮はこれほどまでにアメリカを敵対視するのか?負けると分かっているのにどうしてここまで憎んでいるのか気になりますよね?

アメリカに対する敵対心は尋常ではないので、そこの理由に関して分かりやすく解説したいと思います。

 

北朝鮮は何故アメリカを憎み対立するのか?

北朝鮮 アメリカ 対立

北朝鮮が何故これほどまでにアメリカに対して敵対視をしているのかというと、そもそもの原因は「朝鮮戦争」に遡ります。

朝鮮戦争というのは、「韓国と北朝鮮」の戦いです。

では何故、朝鮮戦争が原因なのかというと、朝鮮戦争で韓国に協力をした国がアメリカだったからです。

ちなみに北朝鮮に協力をした国は、中国でした。

 

驚く事に、この朝鮮戦争はまだ終わっていない戦争なのです。

という事は、韓国・アメリカ軍VS北朝鮮・中国軍の戦いはまだ続いているという事です。ただ、今は休戦中の状態。

そんな雰囲気は全く感じさせないわけですが、実際に朝鮮戦争は休戦中という形の継続したものですので、北朝鮮の中ではアメリカは敵なのです。

これが、北朝鮮がアメリカを嫌う一番の原因と言えます。

 

しかし、朝鮮戦争から約60年も経つというのに未だに敵対視しているなんてどれだけ器が小さいのかって話ですよね。それが北朝鮮の姿と言えばそれまでなのですが。

 

関連記事:北朝鮮美女の接待がヤバい?喜び組の結末は結婚か脱北か夜専門か

 

北朝鮮と中国の関係について

北朝鮮 中国

昔から北朝鮮は中国に守られた結果、ここまで来れたという事実は明らかです。

今回のアメリカとの一件も、中国が北朝鮮を全面的に守るだろうと思いきや、中国は今の北朝鮮に対して良くは思っていませんので、いざという時がとても大変な状態になるでしょう。

 

北朝鮮と韓国の仲は悪くありませんが、過去の出来事が原因という事であれば協力する可能性は極めて低いと考えられます。

中国側も、勝手にやってくれよ~って思っているのかもしれません寝。(笑)

 

まぁ、北朝鮮は今のところ、まだ中国に守られている状態ではありますが、この状態がいつ解消するかは時間の問題かもしれません。

ですが仮に、北朝鮮とアメリカが戦争となった場合、中国は否応なしに北朝鮮側へとつく事でしょう。

 

関連記事:アメリカ空母最新鋭の戦闘力や打撃軍の実力や強さが圧倒的なわけ

 

アメリカは北朝鮮の何が嫌いなのか?

Sponsored Link
<

何故アメリカは北朝鮮の事が嫌いなのか?

それは、「核開発をしているから」という理由以外考えられません。

 

世界一の軍事力として誇りを持つアメリカですが、北朝鮮が核を開発した事でアメリカは居ても立ってもいられなくなりました。

何故なら、核という武器を持った北朝鮮は興味のない国から脅威の国へと変わった為です。

 

長距離弾道ミサイルをアメリカにぶち込まれたらとんでもありませんからね。

そうなる前に潰しておかなければならない相手という事で、今必死になって制裁を与えるタイミングを見計らっている感じです。

 

劇的な変化がない限り、北朝鮮とアメリカの関係修復は不可能でしょう。

ただ、そうなった時は歴史が変わる時ですので、早くその時が来るのが楽しみです。

 

Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ