菊池夢美(海洋生物学者)は結婚してる?年収や仕事をwiki風に紹介


今回は、異国ブラジルの地で海洋生物学者として活動されている女性『菊池夢美』さんに注目してみました!

菊池夢美さんは、南米の大河アマゾンに生息する『アマゾンマナティー』について日々研究を行なっているわけですが、情熱を傾けられるものを仕事にできるって本当に素敵な事だと思います。

そんな菊池夢美さんは普段どのような仕事をされているのか?そして、プライベートはどうなのか?そういった気になる情報についてお伝えしていきたいと思います。

 

Sponsored Link
<

菊池夢美(海洋生物学者)はどんな人?

菊池夢美 海洋生物学者

それではまず、菊池夢美さんのプロフィールや経歴等を簡単にご紹介したいと思います。

 

【菊池夢美】

・生まれ年:1981年

・年齢:35歳

・出身地:東京都

・所属学会:バイオロギング研究会・国際海生ほ乳類学会

・好きな番組:妖怪ウォッチ・吉本新喜劇

 

【経歴】

・2010年:東京大学大学院農学生命科学研究科修了。博士号(農学)を取得

・2012年:独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所のCRESTプロジェクトに従事

・2014年:京都大学野生動物研究センターにてSATREPS(フィールドミュージアム構想によるアマゾンの生物多様性保全)プロジェクト研究員

 

簡単なプロフィールと経歴をご紹介したわけですが、東大の大学院を経て博士号も取得されてるって、そうそうできる事ではありませんよね。

経歴を見た感じ、生き物がよっぽど好きなのでしょうね〜。その証拠に、東大大学院を卒業後も行政の研究センターや京大の研究センターへ行ってますから、根っからの生物研究好きとしか言いようがないです(笑)

ホントに好きじゃないとここまでハマってはできないでしょう。

 

でもその一方で、好きな番組が「妖怪ウォッチ」と「吉本新喜劇」と言うから非常に面白いです。

菊池夢美さんは多分、ユニークな性格の持ち主なのかもしれませんね!

 

そんな菊池夢美さんは日本唯一のアマゾンマナティー研究者として、異国ブラジルの地で“黒衣の人魚姫”とも称されるアマゾンマナティーの研究に没頭されています。

アマゾンマナティーは、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危急種に指定されている生物という事もあり、研究の傍、保護にも精力的に努めていらっしゃいます。

 

菊池夢美さんは、アマゾンマネティーを10年以上研究を続けながらも「未だにアマゾンマナティーの事を知りたくてウズウズする」とおっしゃっています。

どんだけ好きやねん!って思ってしまいますが、アマゾンマナティーに対する愛や情熱は誰にも止める事ができない生涯を渡って続いていく事なのでしょうね〜(笑)

そんな菊池夢美さんの姿を、2017年6月18日放送の『情熱大陸』で紹介されますので、是非ご覧下さい。

 

Sponsored Link
<

菊池夢美(海洋生物学者)は結婚しているのか?

菊池夢美 海洋生物学者

アマゾンマナティー愛が半端じゃない菊池夢美さんですが、私生活の方はどうなのでしょうね。

気になるのは、結婚されているのか?というところ。

 

菊池夢美さんについて色々と調べてみましたが、結婚されているような情報は一切出てこずアマゾンマナティーに関するものばかりが取り上げられている感じです。

当然、お子さんの情報なんて出てきませんので、結婚されいらっしゃる可能性は低いのかなと。

 

まぁ当然と言えば当然かもしれません。

アマゾンマナティーを愛しすぎてブラジルに移住するくらいですから、今はアマゾンマナティーの事で頭がいっぱいなのかもしれませんね。

ただ、現地に彼氏がいらっしゃるかもしれませんね。

 

菊池夢美(海洋生物学者)の気になる年収は?

次に、気になる年収について。

 

正直なところ、海洋生物学者という職業がそんなに儲かる職業だとは思えませんよね。

いくら博士号をお持ちだと言っても、研究者という立場ですので沢山の収入はないのかなと。

 

どんな職業も同じだと思いますが、年収はピンキリです。

当然同じ業界でも、高い年収の人もいれば低い方もいるわけです。

 

海洋生物学者の平均的な年収を調べると、大体『400〜500万円』という事なので、菊池夢美さんはこの年収と同等が少し低いかといったところではないかと個人的に考えます。

 

情熱大陸の出演を機に、知名度は上がるでしょうから、様々な形で仕事の依頼が入る可能性もありますので今後の活躍が楽しみですよね♪

 

ただ、お金に変える事のできないやりがいや魅力があるからこそ、遠いブラジルの地で一生懸命研究に励んでいらっしゃるのだと思いますし、これほどの情熱を持って取り組まれるのだと感じます。

やはり、何かを成す為だったり継続する為には、燃えるような情熱が一番大事だという事ですね!

 

菊池夢美(海洋生物学者)の仕事について

菊池夢美さんの仕事については先ほどからもお伝えしている通り、アマゾンマナティーの保護や未だ謎に包まれる生態の研究を中心に活動されていらっしゃいます。

ですが、ブラジルのアマゾンを行き来しているわけですから、当然アマゾンマナティー以外の生物にも興味を持つ事でしょう。

 

ついでと言ったら失礼ですが、時には日本に生息しないような生物を研究したり観測したりもされているはずです。

日本に比べたら、アマゾンなんて多種多様な生物の宝庫でしょうから、菊池夢美さん的には毎日が楽しくて仕方がないのかもしれませんね(笑)

 

このような方がいらっしゃるから、珍しい生物の生態が明らかになったり自然の生物保護にも繋がっていくわけです。

かなりの社会貢献をされていらっしゃる方ですので、今後も世の為そして自分の為になる事を思いっきりやりながら活躍してほしいですね!

 



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ