岩井隆(花咲徳栄監督)の経歴から出身校や家族について【動画】


この記事では、甲子園2017の注目校である『花咲徳栄』に関する情報についてご紹介をしたいと思います。

その中でも、選手ではなく監督の『岩井隆』さんに注目してみました!

初優勝まであと一歩というところまでチームを支え引っ張ってきた岩井隆監督とはどんな人なのか?

経歴やプライベートな情報についてご紹介していきたいと思います!

 

Sponsored Link
<

岩井隆(花咲徳栄監督)の経歴について

岩井隆 花咲徳栄監督

それではまず、岩井隆監督の経歴をご紹介していきたいと思います。

 

岩井隆さんが花咲徳栄高等学校の野球部監督に就任したのは、2001年です。

岩井隆監督の凄いところは、就任1年目で埼玉県大会を制し初の選手権大会に導いたところ。

甲子園の出場は、春が3回・夏が4回の計7回出場しており強豪の多い埼玉県の中で就任後7回も甲子園出場へ導いているという事はとても素晴らしい実績だと言えますよね。

ちなみに現在の部員数は、『137人』!マジ凄いです。

 

岩井隆監督の指導は、選手との意思統一を図る為、

 

心の野球

 

をモットーにしております。

 

選手曰く、岩井隆監督はとても熱血な指導者という事。

かなり厳しい指導で有名ですが、そこには選手(生徒)に対する深い愛情が込められているので、選手達も必死に練習し成長していくのでしょうね。

 

2015年に甲子園で活躍し、その後西武へ入団した『大瀧愛斗』選手も岩井隆監督の教え子でして、高校時代はよく怒られて痛そうで当時は何故こんなに怒られないといけないのか?と思っていた時期もあったそうですが、結果的に大瀧愛斗選手は岩井隆監督の厳しい指導のおかげでプロへ行く事ができたので今ではとても感謝しているそうです。

 

大瀧愛斗選手がドラフト指名受けた時、隣には岩井隆監督が居たそうですが、嬉しさのあまり男泣きをされていたそうです。

色んな想いがあったのでしょうね。

 

こんなに熱い監督の元で必死に頑張ってきた選手達はそりゃあ強いでしょう。

しかも2017年は恐ろしく強いので優勝も目じゃありません。

最後まで頑張ってほしいですね!

 

関連記事:花咲徳栄のイケメン西川愛也には彼女がいる?出身中学やドラフト進路も

 

Sponsored Link
<

岩井隆(花咲徳栄監督)の出身校は何処?

岩井隆 花咲徳栄監督 出身校

つづいて、岩井隆監督の出身校についてご紹介していきたいと思います。

 

岩井隆監督は、埼玉県の『川口市立幸並中学校』へ通い、高校は神奈川県にある野球の強豪校『桐光学園高校』へ通いました。

卒業後は、進学の道へ進み東北の『東北福祉大学』へ進学しております。

 

岩井隆監督は現在47歳ですので、まだまだこれからの監督ですね!

これからもっともっと素晴らしい選手の育成を行っていただき、野球界に貢献していただきたいですね。

 


動画を観てもらうと分かりますが、岩井隆監督がいかに情熱的な監督なのかが分かりますね。

厳しさの中に、とても大きな優しさのある監督なのでしょうね〜。

 

関連記事:清水達也(花咲徳栄)の球種がヤバい!出身中学やドラフト進路は?

 

岩井隆(花咲徳栄監督)の家族について

最後に、岩井隆監督の家族についてご紹介をしたいと思います。

 

岩井隆監督のご家族について色々調べてみましたが、残念ながら詳しい情報は出てきませんでした

ただ、結婚はされているようですね。

 

でも、お子さんがいらっしゃるかは不明ですので、そこは深く触れない事にしておきます。

 

花咲徳栄高校が甲子園でここまで活躍をすれば間違いなく、今回の選手達からもドラフト指名を受ける人が多数出てくるでしょう。

その時はきっと、自分の事以上に喜んでくれるでしょうし、男泣きをしてくれるかもしれませんね。

厳しいけど、とても素晴らしい監督の元で野球ができる選手達はとても幸せ者だと思います。

 

ここまできたら、優勝を勝ち取ってほしいですね!

 

最後までお読みいただき有難うございました。



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ