井岡一翔の離婚原因や復帰の理由とは?谷村奈南の男依存がヤバい!


2017年5月17日に歌手の谷村奈南さんと結婚し、2017年12月31日に現役引退を表明した『井岡一翔』さんですが、つい最近になって現役復帰する事を表明したわけですが、私生活では谷村奈南さんとの生活が順調に進んでるかと思いきや、離婚の危機と騒がれているから驚きですよね。

てか、離婚の危機というより離婚確定という話のようですが。

何故このタイミングで現役復帰を行うのか、そして同じタイミングで離婚報道が出たのか、その理由や原因といったところや、谷村奈南さんの実態についてもお伝えしていきたいと思いますのでご覧下さい!

 

Sponsored Link
<

井岡一翔の離婚原因は何!?

井岡一翔 離婚 原因

とてもラブラブな雰囲気が伝わってくるお似合いのカップルだと思っていた、井岡一翔・谷村奈南さんですが今年の春頃から別居しているという話です。

これはお二人の近親者からの情報ですから、信憑性は高い情報だと思います。

 

あんなラブラブだった二人の関係に一体何があったのか!?

まずはそこの原因について掘り下げていきたいと思います。

 

井岡一翔 谷村奈南

 

離婚の原因について、一部報道では井岡一翔さんと谷村奈南さんの私生活でのすれ違いが原因と報じられてます。

要するに、以前のように井岡一翔さんが谷村奈南さんを構わなくなった。

この事に嫌気が差した谷村奈南さんは、二人の愛の巣だった場所を出て行ったようですね。

 

でも、以前より二人の時間を作らなくなったからと言って、怒るかねって思うわけです。

たしかに、男女が結婚すると夫婦という特別な関係性になりますが、結婚してもそれぞれの人生があるわけで何をするにしても常に一緒ではありませんからそこを履き違えると大変な事になりますよね。

こういう状態が続いたからお互いが嫌になり離婚の危機といった状態にまで発展したのでしょう。

 

別居状態にまでなってしまうと、修復するのはちょっと厳しい気がします。

 

Sponsored Link
<

井岡一翔復帰理由とは!?

井岡一翔 現役 復帰 理由

何故このタイミングで復帰を決めたのか、誰しも不思議に思うのではないだろうか。

引退を表明したのが、2017年の大晦日ですからそこから約8ヶ月しか経ってない事になる。

 

本人が復帰について会見で述べていた事は、アメリカで熱い試合を目の当たりにした事で自分のボクシング魂に火がついたと言っており、前々から描いていたアメリカの舞台でトップを取るビジョンの実現に闘志を燃やしているようだ。

 

引退会見の際は、ボクシングに未練は無いような素振りだったがその時は目の前の生活に完全に浮かれてしまっていただけなのかもしれませんね。

という事は、やはりボクシングを引退するに至った大きな原因が谷村奈南にあったと世間的に思われても致し方が無いですね。

影響力のある人と一緒になる事は、それなりの覚悟が必要だと勉強になったのではないでしょうかね。

 

ちなみに、井岡一翔さんはスーパーフライ級で世界に挑戦をする予定。

日本人初の4階級制覇を達成する為に、今は四六時中ボクシングの事を考え生活をしているそうです。

 

谷村奈南の男依存症がヤバイ件

相手の事を愛しているのであれば、背中を押してあげたり支えてあげたり、時には厳しい言葉で奮起させてあげたりする事が思いやりだと個人的には思っていますが人それぞれ愛し方は異なるもの。

 

井岡一翔さんと谷村奈南さんの関係は互いに支え合うものではなく、一方的に愛情表現を行うようなちょっと幼稚な関係だったのかもしれません。

 

結婚してすぐ、井岡一翔さんのボクシングに対する気持ちが低下したと、所属事務所の会長でもある井岡一翔さんの父親が話してました。

その際に、二人の結婚には反対と発言されてました。

 

結婚してすぐボクシング熱が冷めるという事は、はっきり言って世間的なイメージは完全にダウンですよね。

特に、妻としてのイメージはマイナスでしかないでしょう。

そして、結果的に離婚報道ですから、井岡一翔さんのお父さんの予感は的中したという事になります。

 

一部の話では、谷村奈南さんは昔から男に依存する癖があると言われており、好きになったらもうそれだけしか見えなくなるみたいですから、その性格が裏目に出てしまった結果なのかもしれませんね。

 

まぁ、二人ともまだ若いのでこれから色々な経験を踏んで成長していけばいいのではと思います。

井岡一翔さんの復帰戦は9/8の予定ですから、そこにも注目しましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ