井上真央と仲間由紀恵がドラマ共演で不仲?理由は松本潤との結婚か


この記事では、最近女優復帰を果たした『井上真央』さんに関する情報をお届けしたいと思います。

しばらく休業していた井上真央さんが、10月スタートのドラマ『明日の約束』で主演として復帰する事でネット上では話題になっております。

年齢のわりには童顔なルックスですが、様々な役柄を演じる演技力は素晴らしく復帰して一皮剥けた井上真央さんが楽しみですね!

そんな井上真央さんとドラマで共演する女優の仲間由紀恵さんですが、お二人の関係に不仲説が流れているとかいないとか。

その真相とは?

といった内容でお届けしていきますのでご覧下さい。

 

Sponsored Link
<

井上真央と仲間由紀恵がドラマで共演で不仲に?

井上真央 ドラマ

10/17の21:00から放送開始される新ドラマ『明日の約束』で、久しぶりに女優復帰する井上真央さん。

今回の主演作品はヒューマンミステリーという事で、井上真央さんの演技に期待が高まる作品ですね。

 

このドラマの内容は、ある日突然一人の高校生が自殺し、その母親が学校側や教師に対してしつこすぎる程の言いがかかりをつけて来る。

そんな母親に対して奮闘しながら対応する学校や教師の姿を描く、今の時代を反映した作品となっております。

 

主演の井上真央さんは、自殺した高校生が通っていた学校のスクールカウンセラーである日向を演じます。

そして、自殺した高校生の母親(真紀子)を演じるのは、仲間由紀恵さん。

 

真紀子は息子の自殺によって、学校側だけでなく日向の職場や私生活にまで足を踏み込んで来るヤバすぎるモンペ

ドラマを見ると分かると思いますが、まさにヤバい母親の象徴と言った感じでしょうか。

 

この役柄を演じる井上真央さんと仲間由紀恵さんの役作りはとても大変だろうと思います。

現場ではお互い仲良く接したいところでしょうが、役柄的に互いがバチバチにやり合うシーンも出て来る事からそうもいきませんよね。

 

こんな空気感の現場でしょうから、そりゃあ不仲説も出るわなって思います。

でも、井上真央さんと仲間由紀恵さんは全く不仲ではなくいい関係で作品作りを行なっているとの事。

 

ドラマだけ見ると、『井上真央と仲間由紀恵って不仲かも?』と思われる人も多々いらっしゃると思いますが、そんな事はないので考えすぎないようにしましょう(笑)

このような作品に出演する度に出演者と不仲になっていたら、仕事が楽しくなくなるでしょうからね。

 

Sponsored Link
<

井上真央と仲間由紀恵の不仲理由は松本潤との結婚?

井上真央 仲間由紀恵 不仲

先ほどもご紹介したように、井上真央さんと仲間由紀恵さんの不仲説が取り上げられているわけですが、これはドラマの中での話であって実際にはすごくいい関係で作品作りを行なっています。

 

不仲の理由が、嵐の松本潤さんとの結婚にあるという話も出ているみたいですが、全く関係ありません。

何故、松本潤さんとの結婚が関係あるのか?ちょっと考えてみました。

 

仲間由紀恵さんと松本潤さんは、『ごくせん』で共演されています。

ごくせんの時、仲間由紀恵さんと松本潤さんは非常に仲が良く姉と弟のような関係性で親しくされていたようです。

そんな弟のような存在の松本潤さんと井上真央さんが交際から結婚へと話が進む事に憤りを感じているのでは?

そして今回のドラマでは、仲間由紀恵さんと井上真央さんはバチバチやり合うの役柄設定ですから、より一層不仲感がましたのでは?という具合に考えた結果、井上真央さんと松本潤さんの結婚が原因で不仲になったいう解釈でこのような話題が出ているのではないかと思います。

 

実際のところ不仲ではありませんし、仮に井上真央さんと松本潤さんが結婚する事になれば、仲間由紀恵さんは自分の事のように喜ぶのではないでしょうか?

仲間由紀恵さんはとっても人が良さそうですから、不仲になる共演者なんていないと思いますけどね(笑)

 

井上真央と松本潤は結婚するのか?

この話題は数年前から騒がれている事で、二人の関係は未だに何の進展もありませんよね。

結論から言うと、グレーゾーンって感じです。

 

一部情報によると、二人の関係は恋人から友人へと変わったという話もあります。

でも、双方の事務所が未だにハッキリしたコメントを出さないのも気になりますが・・・

 

でも、ここまでズルズルだと結婚する事はないのでは?とも思ってしまいます。

二人の関係が今どうなっているのかは、本人または仲のいい周辺の友人達しか分からない事でしょうから、こちら側は二人の様子を温かく見守りましょうね。

 

明日の約束は、決して明るくワイワイ楽しめるドラマではありませんが、今の時代背景を描写している作品でもありますので自分ごととして捉えながら見ると色々な気づきが得られると思いますのでおすすめです。

 

最後までお読みいただき有難うございました。



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ