いぶくろ聖志と紫音は同じ人!創価学会の噂や彼女について【画像】



Sponsored Link
<

私が大好きな日本バンドの一つに『和楽器バンド』というグループがあるのですが、日本だけではなく海外からもかなり注目を集めているグループでしてその名の通り、和楽器と洋楽器を融合させた今までにありそうでなかったバンドです。

もちろん音楽の素晴らしさは超一流ですし、パフォーマンス的な魅せ方(衣裳や演奏等)も非常に素晴らしいグループで、芽から耳から楽しめるバンドです♪

この記事では、和楽器バンドの一員として活躍されている『いぶくろ聖志』さんに注目してみました!

いぶくろ聖志さんとは一体どんな方なのか?見ていきましょう!

 

いぶくろ聖志と紫音は同一人物だった!

いぶくろ聖志

では、いぶくろ聖志さんのプロフィールも含め簡単にご紹介していきたいと思います。

 

【いぶくろ聖志】

・生年月日:1983年12月1日

・年齢:33歳

・身長:175cm~180cm

・和楽器バンドのメンバーで筝担当

・華風月メンバーで筝担当

いぶくろ聖志ウェブサイト

いぶくろ聖志twitter

 

いぶくろ聖志さんが箏を始めたのは高校生の頃で小さい頃からやっていたわけではありません。そこはちょっと意外な一面ですね。

高校在学中に、在学中には文化庁の派遣で中国やベトナム、中東の国々など8カ国での海外公演に参加した経験をお持ちです。箏のセンスがあったからかなりのスピードで成長したのでしょうね。

 

高校卒業後は、現在活動中のグループ『和楽器バンド』や『華風月』で活動を行い、2014年に和楽器バンドでメジャーデビューを果しました!

 

いぶくろ聖志さんは、本と珈琲』が大好きでして時間がある時は本を読みながら珈琲を飲むひと時を満喫しているそうです。

本と珈琲が好きだといういぶくろ聖志さんの気持ち凄く分かります。私も本を読む事や珈琲を飲む事が好きなので、この時間は欠かせません。

 

話は変わりますが、ネット上で話題になっています、いぶくろ聖志さんと紫音さんは同一人物だという噂について説明したと思います。

和楽器バンドメンバーによって組まれたヴィジュアル系ロックバンド「Crow×Class~黒鴉組~」の女性箏奏者である『紫音』さんがいぶくろ聖志さんと同じ人物だという事ですが、結論から言うと『同一人物』です。

 

紫音

いぶくろ聖志

 

上の画像が、『紫音』さん。

下の画像が、『いぶくろ聖志』さん。

 

なかなか同一人物には思えませんが、正真正銘の同一人物なのです。

化粧って怖いですね~(笑)

 

華風月としての顔、和楽器バンドとしての顔を使い分けているというか、キャラクター設定を行っているのでしょうね。

これも一つのパフォーマンスだと思います。

やっぱり、和楽器バンドのメンバーのパフォーマンス能力は凄いですね。

 

関連記事:塚越慎子(マリンバ)の年齢とは?結婚や実家も気になる【動画】

 

いぶくろ聖志が創価学会という噂について

いぶくろ聖志

いぶくろ聖志さんについて色々と情報を調べていくと、検索ワードに様々な関連ワードが出てくるわけですが、その中の一つに『創価学会』といったワードが出てきます。

いぶくろ聖志さんは創価学会なのか?って、誰もが思ってしまうわけですがこの情報に関して調べたところ、創価学会会員ではないようですね。

では何故、創価学会といった関連ワードが出てくるのかというと、いぶくろ聖志さんが通っていた高校が『創価高校だった可能性は高いという事だからです。

 

この情報も本人の口から聞いた話ではありませんので100%真実の話ではありませんが、創価高校に通っていたという情報は確率的に高いと言われていますし、検索ワードに創価学会と出る事から創価高校だった可能性は十分に考えられますよね。

 

関連記事:村治佳織(ギター)の病気の原因はタバコだった?夫は誰?【画像】

 

いぶくろ聖志の彼女について

Sponsored Link
<
いぶくろ聖志さんはご覧の通り、かなりのイケメンです。

彼女がいても全くおかしくありませんよね。

おかしくはありませんが、実際のところは彼女はいないようです。本当かどうかは分かりませんが(笑)

 

いぶくろ聖志さんは、仕事をする事と読書をこよなく愛する方でして、女性に関してはその次なんだと。

ですから、一番は仕事をする事が大好きなのでしょうね♪

でも、そこまで箏に没頭されているからこそ、素晴らしい楽曲が生まれるのでしょうね。

 

最近の和楽器バンドの楽曲『オキノタユウ』のMV動画はこちら。

とっても素敵で落ち着きのある楽曲です。

 


こちらは、華風月の楽曲『深紅』のMV動画になります。

 


多方面で活躍されるいぶくろ聖志さんの今後の活躍も注目ですね!

 

和楽器バンドホームページ

華風月ホームページ

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ