5月病の症状や原因とは?事前の対策や予防法存在するのか

Sponsored Link

新年度を迎え少しづつ新しい環境に慣れてきた頃ではないかと思いますが、ここで心配になる事が『5月病』と呼ばれるものではないでしょうか。

人は誰しも新しい環境に身をおくと、その環境に慣れるまでは知らず知らずのうちに体に負担をかけてしまうものです。

この知らず知らずのうちにたまった負担が体に悪影響を及ぼし、5月病というものにかかってしまう事が多いと言われていますが実際にご自身が5月病だとは思わない事も多々あります。

この記事では、5月病の原因や症状から対策や予防法について解説していますので、参考になれば幸いです。

 

5月病になる原因ついて

5月病
5月病の原因 は様々考える事ができますが、大きな要因として『ス トレス 』が原因と言われています。

4月に仕事や学校、転居などで環境が変わったことで、気がつかないうちに肉体的な疲労や精神的な緊張が溜まっています。これがGW休暇によって途切れることで無理していた分のツケが回ってきて、5月中旬頃から5月病の症状が出てきます

3月・4月の疲れが溜まって5月病として出てきます。3月~5月は1年の中で最も自律神経が疲れる季節ですので、気分転換がとても大事な時期とも言えますね。

 

5月病の症状について

5月病 症状
5月病の代表的な症状は以下のようになります。

・ なんとなく気分が落ち込む

・ 疲れやすい

・ 仕事や勉強、家事などに集中できない

・ 眠れない

 

また、より深刻になると、精神的な症状だけでなく、下記のような肉体的な症状が出ることもあります。

・ 食欲不振

・ 胃の痛み

・ めまい

・ 動悸

・ 息苦しさ

 

うつ病と似たような症状ですが、この症状が半年以上長く続くようであればうつ病の可能性があります。しかし5月病は、うつ病やそのほかの精神疾患と違ってリフレッシュやストレスケアを行うことで自然と回復していきます。環境に慣れる1~3ヶ月後には自然と治っていることも多いので、深く思い詰めず生活するようにして下さいね。深く思い詰めてしまった方がかえって症状を悪化させる原因となってしまいますので、考えこまないような生活を送るようにして下さいね。

 

事前の対策や予防はできるのか?

スポンサードサーチ
 

5月病の予防に大事なことは、

 

「ため込まずに人に話す」

「バランスのいい食事をする」

「睡眠をしっかりととる」

「オンオフを切り替える」

 

ということです。

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

ため込まずに人に話す

信頼できる家族や友人などに話すことで心の中にため込んでいたものを少量でもいいので発散させればそれだけでも十分5月病の予防になります。

話す=放す(離す)

につながり、気持ちが楽になるのです。

 

バランスのいい食事をする

食事のバランスも大事です。

例えば、脳内の神経伝達物質であり、感情をコントロールするホルモンのセロトニンは、動物性タンパク質のトリプトファンを原料に合成され、偏った食事では脳への取り込みが阻害されますので、野菜・お魚・お肉とバランスのいい食事を心がけていきましょう。

 

睡眠をしっかりととる

睡眠は心と身体の回復に重要な役割を果たします。

睡眠の質を上げるために

「起床/就寝の生活リズムを整える」
「夕食は就寝2時間前まで、入浴は1時間前まで」
「寝る前にテレビやパソコンを見ない」

などの生活習慣を身につけましょう。また、朝起きたら日の光を浴びるのも有効的です。

 

オンオフを切り替える

オフの日は自分の好きなことに時間を費やし、仕事のことは忘れたほうがいいようです。

趣味を見つけて、休みの日はリラックスして過ごしましょう。お風呂にゆっくり浸かったり好きな音楽を楽しむなんていかがでしょうか。友人とぱーっと遊ぶ、カラオケに行くなどしてストレス発散するのもオススメですね。

 

5月病は新入社員だけがなるものではありません。自身の性格にもよりますが、事前に予防策を知っておくことで、5月病になりにくくすることが出来ます。GWは以上のことに気をつけながら生活し、5月病とは無縁の生活を送りたいものですね。

 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ