コインチェックが倒産する可能性は低い?その理由や証拠を調査!


今話題の仮想通貨(暗号通貨)

前からビットコインを持っていた人は一躍億万長者になったわけで、今仮想通貨がかなり熱くなっていますね。

世の中には仮想通貨を取引する場所がネット上にいくつも存在しますが、その中でも有名な取引所の一つと言えば『Coincheck(コインチェック)』です。

出川哲朗さんがコインチェックのテレビCMに出演し一気にユーザーが増えた事でも有名なのですが、コインチェックがやらかしてしまいました。

しかもかなりのユーザーを巻き込んで損失を出してしまうという前代未聞の失態を犯してしまい連日話題ですね。

 

仮想通貨にも様々な銘柄が存在します。

現在ではビットコインがとても有名な銘柄ですが、ビットコイン以外にも今後値打ちが上がるだろうと言われているコインは沢山存在します。

その中でも今注目されている銘柄の一つが『NEM(ネム)』。

 

このネムをコインチェックの不手際で大量に流出させてしまい大きなニュースとなっているわけですが、被害総額が『560億円』!

普通に考えると、こんな額の損害を犯してしまえば倒産するでしょ?って思いますよね。

 

でも、倒産する可能性は極めて低いと言えます。

その理由についてお伝えしていきます。

 

Sponsored Link
<

コインチェックが倒産する可能性は極めて低い?

コインチェック 倒産 可能性

仮想通貨NEM(ネム)の大量流出で被害総額が560億円にまで及んだ今回の事件。

約26万人の利用者が被害にあったと言われています。

 

貯金の全額をNEM(ネム)につぎ込んだという人もいるくらい、今後のNEM(ネム)の値打ちが上がるという事だったのでしょう。

被害にあった人達は意気消沈している方も多いようで、今回の事件は簡単に解決できる問題ではなさそうです。

 

560億円もの損害を出してしまったコインチェック社ですが、普通に考えるとこの倒産するのでは?思うわけですが冷静に考えてみるとそうではない事が分かります。

 

というのも、コインチェックの代表である『和田晃一良』さんが、被害にあった人達へ自腹で『460億円』を返金すると公表されましたね。

まぁ被害額より少ないので納得いかない方も大勢いらっしゃると思いますが、社長の自腹で460億円出せるという事は会社の資産はまだまだ残っているはずではないでしょうか。

 

コインチェックでは、毎日ように売買がなされ手数料だけでもかなりの額を稼いでいると思われます。

仮に、倒産しないといけない事態になったとしても、コインチェックを買収するという企業が名乗り出ているのも事実ですのでコインチェックが無くなる可能性は極めて低いと言えます。

 

Sponsored Link
<

コインチェックが倒産する可能性が低い理由

コインチェック 倒産 可能性低い

今回コインチェックから流出した仮想通貨はNEM(ネム)だけです。

NEM(ネム)だけが流出して被害総額『560億円』という事を考えると、コインチェックは他の銘柄も取り扱っていますので、沢山の数千億のお金を回している事になります。

 

という事は、数千億の売買手数料だとかなりの金額になりますよね。

 

実際、どのくらいの金額を回しているかまでは分かりませんが、NEM(ネム)の投資者だけでも26万人いるわけですからコインチェックを利用している数を合計するとかなりの人数と考えられますので、大量の人数がコインチェックへ毎日売買手数料を払っている事を考えると大きな資産がコインチェック社には存在すると予想されます。

 

当然、和田晃一良社長を含め全社一丸となって倒産しないように、そして一円でも多くの出費を出さないように試行錯誤している事でしょう。

和田晃一良社長はかなり強かな性格で有名ですし、頭もいいでしょうから様々な角度で考えていい方向へ向かうよう舵取りをしていく事でしょうね!

 

コインチェックから出金するのはまだ止めたほうが賢明!?

ここまで大惨事になってしまったので、コインチェックの利用者は一気に減るでしょう。

ですので、各銘柄の価値も一時的に暴落する可能性は高いですが、ここで出金したりコインチェックの利用を止めるのは賢明な判断ではないと個人的に考えています。

 

確かに今は大損している状況ですが、また価値が急激に上がる時がやってきます

それが仮想通貨(暗号通貨)の魅力でもあり恐ろしいところでもあるわけです。

 

コインチェックの利用者が一気に止めるから自分も今のうちに止めようと思わず、ここは冷静に時が来るのを待つ方がいいのではないでしょうか?

今は損をしているかもしれませんが、時間が経てばきっと一気に価値が上がり大きく儲ける事ができる私は考えています。

 

韓国でも仮想通貨(暗号通貨)の取引が正式に再開されますので、世界的に仮想通貨(暗号通貨)はこれからガンガン盛り上がります。

止める止めないの判断をされるのはあなたですが、未来を見据えた判断をされる事をオススメします。

 

ただ、コインチェック社の今後の動向は気になりますので随時チェックした方がいいでしょうね!

 

最後までご覧いただき有難うございました。



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ