映画『美女と野獣』実写版を観た感想!エマワトソンが素敵すぎる

Sponsored Link
<

先日、エマワトソン主演の映画『美女と野獣』を観てきました。

世界中で大ヒット!と言われている映画で、映画好きの人達もかなりおすすめする作品という事ですが、私自身あまり乗り気じゃないまま映画を観たわけです。

どうせハッピーエンドの恋愛ストーリーでしょ?ってな感じの気持ちで。

でも、そんな偏見を持って観た私がこの映画の虜になってしまう程、非常に素晴らしい内容でした。

何が素晴らしかったのかは、これからお伝えしていきたいと思います。

 

映画『美女と野獣』のストーリー再現性が抜群!

映画 美女と野獣

美女と野獣は、世界中の人々から愛されるディズニー作品の一つとしてとても人気です。

人気がある作品なので、映画のクオリティには誰もが注目するでしょうし、もし期待外れな作品だった場合は厳しく批判される事は間違いありません。

そのくらい、この作品を実写化するって難しい事だと思います。

 

でもこの映画は、そんな期待をいい意味で裏切ってくれたように思えます。

私はこの映画にいい意味でかなり裏切られました。

それくらいクオリティの高い作品です。

 

この映画の冒頭は、エマワトソン演じる「ベル」が過ごす村のワンシーンからスタートするわけですが、このシーンが何とも言えない程の素晴らしい再現性の高さに私の目は一瞬で奪われました。

例えば、村の街並みや、ベルや村娘達が着る衣装のデザインや色から、ミュージカル風な演出もとても素敵ですので見どころポイントの一つですし、野獣が住むお城の再現性のクオリティや細部までこだわった表現はさずがディズニーだなと感じる程、非常に素晴らしい映像美にも注目ですね!

 

登場人物も個性的な役者さんが多数出演しており、それぞれの役にとても合ったキャスティングでしたので、その点も非常に満足のいく作品に仕上がっています。

その中でも一番印象深かったのは、エマワトソンが演じる「ベル」の存在感

主人公ですから、当然存在感はあるわけですが、そういう事ではなく本当にエマワトソンはベル役に適役だったと感じます。雰囲気から見た目から全てのおいてパーフェクトな再現性だったのではないでしょうか。

 

細部までこだわったこの作品には、予想以上の世界が広がっています。

あまり興味のない私がここまで絶賛するのですから、非常に素晴らしい作品だという事がお分かりになったのではないでしょうか。

 

 

映画『美女と野獣』の演出が最高!

映画 美女と野獣

ディズニーは何事も細部にまでこだわる事で有名です。

もちろん、映画『美女と野獣』も細部までこだわった演出がとても伝わってきますし、観た瞬間に「こだわってるな~」と感じてしまいます。

 

どんな所がこだわってるなと感じるか?

それは沢山あるわけですが、衣裳一つとっても色合いや発色加減、きめの細かい裁縫で制作された物だと感じる点だったり、お城で食事をする際に使用する食器から建物の作りやベルの住む村の街並みも素敵です。

古いけど古さを感じさせない見せ方が非常に素晴らしい!

 

映像の演出にしても、CGっぽさを感じさせない自然な映像美だったり暗い雰囲気の中にも優雅さと華やかさを調和させた派手すぎない色使いには圧巻でしたね。

そしてディズニー特有の、キラキラした演出も所々に出てきますのでこれもディズニーワールドの世界観を忠実に表現しているのでしょう。

 

ストーリーも非常に楽しめる内容になっていますが、映像美だったり衣裳や小物、装飾品の美しさも意識しながら観るとより一層楽しめる内容になっていますよ。

 

 

 

映画『美女と野獣』のエマワトソンは素晴らしい!

Sponsored Link
<

この作品は、エマワトソンが主演の映画ですね。

私個人的に、エマワトソンは非常に素敵な女優だと思っているわけですが、この作品にエマワトソンを起用して正解だったと思います。

 

美女と野獣の主人公ジルは、とても可愛らしく綺麗な女性で本が大好きな女性です。

同じくエマワトソンも可愛らしく綺麗な女性で本が大好きな女優さん。

 

この作品に、綺麗すぎる女優がジルを演じてしまうとやはり雰囲気が損なわれます。

だからといって、エマワトソンが綺麗じゃないという事ではありません。エマワトソンは十分綺麗な女優ですが、年齢の割に少し童顔なところがありますので、綺麗というより可愛らしいという表現の方が正しいと感じています。

そんなエマワトソンにジル役はピッタリだと思います。

 

そして、エマワトソンの演技力もとても素晴らしい!

どこが素晴らしいかというと、私的には『顔の表現力』ですね。

喜怒哀楽の表現がとても素晴らしく、その表現力に見入ってしまうばかりでした。

 

演じる役には合う合わないがあると思いますが、ジル役はエマワトソンが超絶マッチした役だったのではないでしょうか。

ハーマイオニー役も合ってたと思いますが、ジル役は別格ですね。それほどのクオリティでした♪

 

それと、美女と野獣のテーマ曲『Beauty and the Beast』は、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが熱唱しているわけですが、この楽曲も映画に超マッチした楽曲で素晴らしいの一言。

特に、アリアナ・グランデの美声が映画に合っているので雰囲気がより一層高まります♪

 


この映画は、観て・聴いて両方から楽しめる作品に仕上がっています。

これ程のクオリティの高い映画はなかなか作る事はできないと思いますので、DVDで観るのではなく是非とも映画館へ足を運んで鑑賞してほしいですね。

その程の映画でした。

 

Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ