Amazon送料無料終了!有料化の目的はプライム会員の為?


Amazonがついに送料無料の廃止を発表しました。

前々から有料化の話は出ていましたが、ついにその日が来たという感じですね。

配送料の有料化にあたってツイッターではかなり話題になっています。

そりゃあそうですよね~。だって今まで無料だった事でAmazonを利用していた人も多かったでしょうし、私もその一人ですからね。

そこで、この記事ではAmazonが配送料を有料にした目的について考察したいと思います。

 

Sponsored Link
<

Amazon(アマゾン)の配送料有料化で利用者数は減る?

アマゾン

アマゾンが配送料を有料にするというニュースはヤフーで大々的に報じられていますが、そもそも配送料の有料化は以前より伝えられていた事でしたね。

でも、それが事実の話になるとやはり騒々しくなるのが人間の性ってものなのかもしれません。

まぁ、いつから有料になるという詳細までは伝わってなかった為いきなり感はありますが送料無料はAmazon側としても相当な出費だったと思いますので企業側の考えとして言えば当然の結論かと思います。

ただ、配送料有料化によってAmazonの利用者は確実に減るでしょうね。

これからは2000円未満の買い物だと350円の送料が発生する為、今までのように送料無料でない商品が出てくる為ショッピングに躊躇してしまう事もあるでしょうね。

ですが、書籍やAmazonギフト券に関しては今までどおり送料は無料ですので躊躇することなく安心して買い物ができますね(笑)

 

 

Sponsored Link
<

配送料有料化の目的はプライム会員の為?

アマゾンプライム

ですが、考え方によっては送料が有料化になっても利用者数は減らないかもしれません。逆に有料化にした方がAmazonの利益になる可能性すら考えられます。

というのも、有料化にあたりAmazonPrimeの利用者が増える可能性があるからです。

AmazonPrimeは会員制のシステムで年会費が3900円です。

 

ここで考えてほしいのですが、これから2000円未満の商品だと送料が350円発生しますよね。

ですが、プライム会員だと送料無料ですし商品によっては注文した当日に商品が届くわけです。

 

2000円未満の商品を年に12回以上購入するのであればプライム会員に入会した方がお得なわけです。

要するに、送料350円×購入回数12回=4200円ですから、プライム会員3900円の方がお得ですよね?

アマゾンをよく利用する人だったら、年に12回以上は買い物するのではないでしょうか?

 

アマゾンの狙いはここなのだと思います。

現在、プライム会員を増やす為CMもバンバン流していますよね。

だからこのタイミングで送料の有料化へ踏み切ったのではないでしょうか。もっと言うと、プライム会員のCMを流したという事は送料を有料化にしますよというメッセージだったのではないでしょうか?

そう考えると、頻繁にアマゾンを利用する人はプライム会員に入会した方がお得と言えますね。

 

最後に

Amazonは配送料を有料化した方が企業利益を多く得る事ができる事を前々から理解していたのではないでしょうか。

つまりプライム会員をスタートした時点で、「送料無料=利益」ではなく「送料有料=利益」の方程式を完成させていたのではないかと思っています。

Amazonには豊富な商品の数が存在しますので、『ネット通販=Amazon』というネットユーザーも多いと思いますので、配送料有料化にした事によりAmazonの利益は益々増えると考えた方がいいですね~。

まぁ、Amazonが儲かる事で利用者にもお得なシステムが誕生するでしょうからお互いWIN-WINの状態になるのかもしれませんね!

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ