実写映画『亜人』ネタバレ感想!佐藤健・綾野剛の死闘に注目!【動画】


今回は、2017年9月30日(土)に公開される実写映画『亜人』に注目してみました!

最近、コミックからの実写映画って本当に多いですよね~。

それはそれで楽しみなのですが、ちょっとした不安感もあるのは正直なところ(笑)

ただ、最近の日本映画は総合的にクオリティが上がっていますので、個人的には楽しみという感情の方が強いですね♪

今回注目した実写映画『亜人』には、実力派俳優の佐藤健と綾野剛が出演していますので、どのように楽しませてくれるか非常に期待できる作品だと言っていいでしょう。

この記事では、実写映画『亜人』の内容についてお伝えしていきたいと思います。

 

Sponsored Link
<

実写映画『亜人』のあらすじについて

実写映画 亜人

2015~2016年にかけてアニメ化もされた大人気コミック『亜人』を実写映画化した作品です。

そして今回は実写映画化という事で人気の高さが伺えますね!

それでは、実写映画『亜人』のあらすじを簡単にお伝えしたいと思います。

 

2017年、東京。研修医の永井圭は、交通事故で死亡した直後に生き返ったのをきっかけに、絶対に死なない新人類「亜人」であることが発覚する。亜人研究施設に監禁されて非人道的な実験のモルモットにされた圭は、同じく亜人の男・佐藤によって救われるが、佐藤は国家転覆を狙い大量虐殺を繰り返すテロリストだった。同じ亜人として佐藤の思想に共感できない圭は、亜人と人類の壮絶な戦いに身を投じていく。

 

亜人という存在は、世界で47人しか存在せず日本では2人のみ存在を確認されている事から、作品に登場する佐藤健演じる永井圭と綾野剛演じる佐藤がその二人という事になります。

亜人という新人類は、死ぬとすぐに蘇る特殊な能力を持っており、いわゆる無敵状態というか不死の能力を持つ人類という事になります。

ですが、自分が亜人なのかどうか相手が亜人なのかどうかは、一度死なないと分からないわけです。

 

亜人は懸賞金がかけられいますので政府やスパイに狙われてしまいます。

圭はまさにその標的となってしまうのですが、もう一人亜人である佐藤に助けられますが。。。

 

不死身の亜人同士(永井圭と佐藤)の壮絶なバトルに決着は着くのか?

そして、亜人VS人間の結末はいかに!?

 


関連記事:実写映画『東京喰種』ネタバレ感想!窪田正孝の演技とビジュアルがヤバい

 

Sponsored Link
<

実写映画『亜人』ネタバレ感想!

実写映画 亜人 ネタバレ感想 

今作の見どころの一つが『出演キャストの素晴らしさ』という点が挙げられるでしょう。

出演陣は皆、演技派の役者さんばかりですので非常に見応えがあります。

 

永井圭役/佐藤健

実写映画 亜人 佐藤健 

 

佐藤役/綾野剛

実写映画 亜人 綾野剛

 

戸崎優役/玉山鉄二

実写映画 亜人 玉山鉄二

 

田中功次役/城田優

実写映画 亜人 城田優

 

奥山役/千葉雄大

実写映画 亜人 千葉雄大

 

下村泉役/川栄李奈

実写映画 亜人 川栄李奈

 

この他にも様々な役者達で構成されている作品ですので非常に見事な演技で魅せてくれるわけです。

正直、物語がどうこうというよりもSFアクションに見応えを感じる作品に仕上がっています!

特に、亜人の永井圭と佐藤のバトルや川栄李奈演じる下村泉のアクションシーンは必見ですね♪

 

川栄李奈さんはアクションのセンスが抜群ですね~。

本当に元アイドルなの?と思ってしまう程ですので、注目して観ていただきたいですね。

 

そして当然ですが、クライマックスシーンで繰り広げられる亜人同士と亜人VS人間のバトルとその展開にはとても惹きつけられる事でしょう。

マジかぁ~。という一言しか出てこないかも?(笑)

 

実写映画『亜人』の佐藤健と綾野剛の死闘が壮絶!

今作の一番の見どころと言えば、『亜人VS亜人』のシーンではないかと考えます。

特に鍛え抜かれた二人のアクションは必見ですね~!

 

実写映画 亜人 佐藤健

 

実写映画 亜人 綾野剛

 

こちらは、佐藤健さんと綾野剛さんの肉体ですが、かなり鍛え上げられた肉体ですよね。

今作の為に鍛えたと言われている事から、相当激しいアクションだった事が伺えますね。

 

映画『るろうに剣心』での佐藤健さんのアクションは超が付くほど見事でしたが、今作もそれ程かそれ以上の見事なアクションの数々ですし、綾野剛さんとの死闘はアクション好きにはかなり楽しめる内容ですね♪

 

役者魂のぶつかり合いを感じさせられるこの作品を観たら、きっと面白かったと感じる事でしょう。

おすすめは、映画館へ足を運んで観る事ですね!

DVDだと面白さは半減しますので、観るなら映画館へ。

 



Sponsored Link
<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ