食事制限なしでできる!好きな物も食べて体重を減らすダイエットとは


ダイエットというと食事制限や我慢が辛い…とついつい楽な方法を求めてしまいがち。

なかなか良い方法を見つけられない人が多いと思います。

しかし、自分の好きな物を食べ続けながらでもスリムになれるダイエット方法があるんですよ(笑)

キーワードは、

食べる時間帯

これをコントロールすれば甘い物や自分の好きな物を食べ続けながらでも、体重が落ちていくと言われています。

この記事でが、なぜ効果が現れるのか、食べる時間をどのようにコントロールすれば良いのかを今回詳しくご紹介します!

 

Sponsored Link
<

食事制限なしのダイエット法について

食事制限なし ダイエット

それではまず、『やり方』についてご紹介していきます。

やり方は簡単。15時以降から低カロリーな食事を心がけるようにしましょう。

そのため昼食も自由に食べてOK。ラーメンやカツ丼など油っこい物を食べても大丈夫です。こうして日中に好きな物を食べて、夜のちょっとした我慢の時間に備えます。

15時を過ぎたら節制開始。夕飯は22時までに食べる事を徹底します。量も出来る限り少なく、サラダ中心のメニューなどを取り入れましょう。

このように食べる時間とメニューを調節していくことで痩せ体質につなげることができますよ。

 

脂肪を溜め込む細胞を騙す?

では、食事の時間帯をコントロールするとなぜダイエットできるのでしょうか?

最も重要なポイントは「BMAL1(ビーマルワン)」という細胞の働きにあります。

この細胞は「脂肪を体内に溜め込む」というダイエットの大敵となる働きをするため、食事の時間帯にこのビーマルワンが体内に多く存在した場合、食べれば食べるほど脂肪が増えていってしまうのだとか。

しかしこの細胞の働きや数を抑制する事が出来れば脂肪を溜め込む量を抑制することができますよ。

 

時間帯によってビーマルワンは大きく増減する

基本的にビーマルワンは朝目覚めた時に最も少なく、寝る時間に近づく程増えていくという性質を持ちます。

具体的な時間でいうと、朝の6時に急激なスピードで数が減り始めます。そのまま減り続け、昼間の14、15時に最も少なくなると言われています。

15時以降になると今度はビーマルワンは数が増えていきます。そして夜の22時から深夜2時にかけて最も数が増えるのです

この働きに合わせて食べる量を調節していく事を習慣にするといいですね。

 

Sponsored Link
<

好きなものを食べてストレスなくダイエットを行う

食事制限なし ダイエット

多くの人が昼より夜のご飯を豪華にしたり、お酒を飲んだりすることから、夜食べないとなるとストレスを多く感じるそうです。

しかし夜の時間帯をちょっと我慢すれば、翌日は朝から好きな物が食べれる…。そう考えると、夜に食べる量を我慢するのが楽になのではないでしょうか。

もしおやつを食べたいと感じたら早めに食べれば大丈夫ですし、食べる時間帯に気をつければ自分はダイエットをしているのだという事すら忘れて、食欲のままに食べられます。

ですので、『無理して食べない』というダイエットをするのではなく、食べる時間帯をきちんと理解した上で『食べるダイエット』をすれば苦になりませんし、長続きするのではないでしょうか。

 

リバウンドしないのか?

そもそもリバウンドとは食事を我慢したストレスが爆発し、一気にたくさん食べてしまう事ではありません。

リバウンドとは急な体重減により筋肉まで落ちてしまい、基礎代謝が下がりこれまでと同じ量を食べていても太ってしまうという現象のことを指します。

つまり急激に体重を落としてしまった場合にリバウンドを防ぐには、基礎代謝を上げるか、さらに食事量を制限するかが必要になります。

ランニングなら20分程度、筋トレは腹筋であれば10回といったような簡単な筋肉トレーニングで基礎代謝を上げていきましょう。

 

食事制限なしダイエットまとめ

いかがでしたか?

食べる時間を気にすることにより自分をコントロールする習慣を身につけることもできます。

また時間をコントロールすることで自分の生活にもメリハリをつけることができますよね。

ぜひこの記事でご紹介した事を参考にして健康的にダイエットしていきましょうね♪

 



Sponsored Link
<

関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ